ホンダ・Nワゴンカスタムの居住性と室内装備

ホンダ・N-WGNカスタム試乗前の下調べ

N-WGNカスタム 試乗

今回試乗するのはN-WGNカスタムのノンターボモデルとターボモデルです。前回のハスラーの試乗同様、試乗を行う前に下調べをしてディーラーに向かいます。

 

N-WGNカスタムは名前の通りN-WGNのカスタムモデルで、NBOX、N-BOX+、N-ONEに次ぐホンダの軽自動車、Nシリーズ第4弾の車です。ヒンジ式トール型ワゴンはN-ONEでラインアップされていますが、N-ONEよりもきりっとしたデザインとより背の高いタイプで、男性がターゲットとなった車です。

 

グレードは以下の3グレードにそれぞれFFと4WDがランナップされ計6グレードです。

  • G
  • G・Aパッケージ
  • G・ターボパッケージ

Aパッケージは、Gグレードにレーダーアシストによる「ぶつからない」装備やサイドエアバッグが装備されたモデルで、ターボパッケージは更にターボとパドルシフトが装着されます。
価格は133〜163万円でハスラー同様に軽自動車の中では高い部類に入る車ですが販売台数は1万8千万台(2014年1月)で軽自動車2位で大人気の車となっています。そのため値引き額が非常に低く乗り出し価格は上位グレードとなると170万円強程度になります。安く人気の新車を購入したいという方は、新車を40万円安く購入する値引きテクニックを使って購入しましょう。

 

下調べを一通り終わらせ、いざディーラーに向かいます。

 

ホンダ・Nワゴンのエクステリアチェック

N-WGNカスタム 試乗

ディーラーに着くとまずテーブルに案内されましたが、挨拶もそこそこに「それでは、試乗行きますか?」の一言でアンケートが出てきて記入している間に外で試乗車が用意されます。試乗車の準備が終わると外に案内され、N-WGNカスタムとご対面です。
まず試乗を行うのはN-WGNカスタムG・AパッケージのFF車です。価格は本体価格が145万円と少々お高め。

 

試乗で走り出す前にまずN-WGN標準モデルとのエクステリアの違いを中心にチェックしていきます。

N-WGNカスタム 試乗

ボディ前方では、フロントグリルの隙間が広いものになりよりスポーティーに、フォグランプとディスチャージの装備やガンメタル色のアルミホイールなど上級車種の装備が一通りそろっています

 

エアロパーツはフロントスカートが下の方低い部分まで伸びるデザインとなっており、リア後部には大きめのスポイラーが装着されますが威圧感や目立ち過ぎるということはありません。

N-WGNカスタム 試乗

あくまでメーカー装備の一環で上品に、でもスポーティーにというデザインです。

そのほかドアハンドルがメッキ加工されていたりテールランプのデザインが異なるなどかなり違うデザインになっているため、パッと見て「カスタムだ」と分かる仕様になっています。
せっかく通常モデルから上乗せしてN-WGNカスタムを買うのですから、通常モデルとハッキリ異なるデザインの方が所有することへの満足感も高くなるはずです。そういう意味でこのクルマのデザインはよく作りこまれた良い車ではないでしょうか。

インテリアチェック

N-WGNカスタム 試乗

それでは車内に乗り込みます。乗り込む際に大きく驚いたのが地上高の低さです。少し足を上げただけで車内に乗り込める車ですし開口部も広いので、乗り降りは非常に楽です。お年寄りの方にもおすすめできる一台です。

 

後部座席に座ってみた感じはやはり広い。ヒザ前にはこぶしが一体いくつ入るのか分からないくらいのスペースがあります。右の写真は座った時の膝元を写した写真ですが、前後移動する(後述)シートでも中間に位置した場合のスペースです。シートを後ろに下げればさらに膝元スペースは広がります。

N-WGNカスタム 試乗

私の靴の長さが28cm程度でその靴の長さの1.5倍はスペースがあります。つまり床面には45〜50cm程度のスペースがあります。これだけ広い車は軽自動車はおろか登録車でもあまりないでしょう。それを軽自動車のサイズで実現してしまう訳で、ホンダの魔術にでもかかったような気分でした。

 

床面は端から端までほぼ平らに仕上げられているので横移動が楽になっています。さらにシートの下にはトレーが装備されており、ここに靴や傘をしまっておけます。

N-WGNカスタム 試乗

雨の日に濡れた傘を車内に持ち込むとシートに染み込んでしまったりしますが、ここに置いておけば車内を汚す心配もなく荷物がかさばることも無いでしょう。

 

とにかく車内は広いし収納がたくさんあって使い勝手も良く、気が利く装備がある車で、私はひたすら感動しっぱなしでした。東京モーターショーでこのクルマを見たときにもすごいなぁと思っていましたが、実際に見て触ってみると本当に凄いのです。検討中の方は是非一度乗ってみるべきです。

驚くべきアレンジ能力

N-WGNの特長はとにかく室内のアレンジが非常に効くことです。

N-WGNカスタム 試乗

トランクは二段式になっており、床面を外すとさらに下にスペースが生まれます。当然その中に荷物を入れて、その上に床で蓋をして更に上に荷物を載せることも可能ですし、床を外したままで背の高い荷物を入れることも可能です。

 

また後部座席が前後に20cm動くため、荷物の量や人の数によって自由にアレンジが効きます。人がいるならばシートを後ろにスライドしてスペースを確保すれば良いですし荷物を載せるなら前方にスライドしても良し。シートを最も前方にスライドさせても膝元にスペースがあるくらいです。

 

N-WGNカスタム 試乗

もし、買い物でつい大きなものを買ってしまったという場合も、トランクからレバーを引けばシートが左右2分割前方に倒れて広大なスペースができました。片手で倒れるようになっているので、荷物を持って片手が空かない場合も楽にアレンジできます。

 

ただし左右独立で前後するハスラーと違い、N-WGNは完全なベンチになっているため左右のシートが独立して前後に動かすことはできません。

エクステリア&インテリアチェック総評

N-WGNカスタムのエクステリアはスポーティで各部位がシャープながらも、下品な印象はなく全体的によくまとまったデザインとなっています。写真でパーツだけ見ると確かに際立って目立つパーツが多いですが、全体像を見るとまとまっていると言った意味が分かるはずです。

 

インテリアの使い勝手については本当にこれが軽自動車かと言えるような車でした。全長と全幅が同じ他の軽自動車と比べ物になりません。前回、ハスラーの試乗を行いましたがその際の印象は「デザイン優先・車内二の次」でしたが、今回のN-WGNカスタムの印象は「デザインも車内も優先」といった感じで本当によく作りこまれています。今まで所有してきたプリウスやRX-8はおろかBMW3シリーズ、メルセデスEクラスといった3ナンバー車でもここまでの居住性を感じたことはありません

 

当然5人以上乗る場合はミニバンという選択肢が望まれますが、5人未満を想定し、車内の広さを求めたい人にはこの車がぴったりかと思います。事実、軽自動車で室内の広さで選ぶなら間違いなくこのクルマを選ぶでしょう。

 

ではハスラーを含む他のクルマと比較して、この車が最強かと言われればまだわかりません。次は実際の走行をチェックします。
>>N-WGNカスタムターボ・ノンターボ(NA)試乗レポート

 


ページ作成日:2014/03/20 17:41:20


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。