ハスラーNAとターボ車の違い、試乗レポート

ハスラーGグレード(ノンターボ)の価格

前回のハスラーターボ車の試乗の直後にハスラーのノンターボ車の試乗を行いました。

 

試乗の前にノンターボ車を軽く説明しておくと、ハスラーにある3つのグレードのうち中間グレードとなるものが"G"グレードです。今回試乗を行うのはGグレードのノンターボ車で2WDのCVT仕様です。本体価格は125.4万円と、前回のXグレードターボの149.5万円よりも大幅に低い価格です。
それでも乗り出し価格は150万円で、更に新型であることや人気の高さからハスラーの値引きは少ないのでオプションを絞っても140万円は超えるでしょう。

(注:2016年12月時点では、中古車も数多く出ています。それでも、希望の条件のものを探すのはけっこう大変です。中古車で考えるなら、こういったサービス(→https://rakuruma.jp/)を使うととても楽です。60万台以上の非公開の中古車があり、修復歴なし・10年保障・返品OKなので安心です。)

 

そのためハスラーを安く購入するテクニックを使って、誰よりも安く乗り換えましょう。

>>人気の新車を40万円安く購入するテクニック

 

エクステリア&インテリアチェック

ハスラー 試乗

まずはエクステリアチェックから。

上位グレードのXとの違いは15インチアルミホイールが15インチ鉄チンホイールに。それもデザイン的には私の好みでないタイプです。中にはスチールホイールを好きで選ぶためにGに乗る人もいるそうですが・・・ガンメタルでデザイン性のあるアルミホイールがハスラーの特長の1つだと思うのですが、それを選べないのは厳しいですね。

 

ハスラー 試乗

ヘッドランプはハロゲンでフォグランプもダミーとなっていました。「ハスラーらしい」と私が考える特長的なエクステリアパーツを根こそぎ取ったような感じの車でやはり積極的に選ぶ車ではありません。

 

100歩譲ってハロゲンとダミーフォグランプは良いとして、どうしてもスチールホイールがダメという人がホイールを換えたらどうなるかというシミュレーションをしてみます。

 

[Xグレード・FF・CVT・ノンターボ]
本体価格:141万円
アルミホイール:0円(標準)
------------------------
合計:141万円

 

[Gグレード・FF・CVT・ノンターボ]
本体価格:125.4万円
OPアルミホイール:3.6万円×4本=14.4万円
------------------------
合計:139.8万円

 

つまりアルミホイールだけで上位グレードにほぼ追いついてしまうことになります。上位グレードにはLEDランプやディスチャージも付いているので、コストパフォーマンスは上位グレードの方が良いことになります。
単純に装備だけ見れば、Xグレードを選んで間違い無いでしょう。

 

ハスラーノンターボ車試乗

ハスラー 試乗

当然乗降性はXグレードもGグレードも同じで、地上高があるため足をぐっと上げる形で乗り込みます。お年寄りや怪我人の方にはきついでしょう。それもSUVの宿命と割り切ることが必要な車です。

 

それではエンジンを始動させます。プッシュスタートはXグレードもGグレードも同じです。エンジン音はターボと全く変わらずで、音量レベルや振動も同じ。真夜中では響くものの許容範囲のレベルにあるくらいでしょう。

 

最上位グレードのターボ車と中間グレードのノンターボ車でもクリープの強さやハンドリングのフィーリング、アイドリングストップのタイミングと再始動、エネチャージ、シートアレンジの範囲や居住性については違いは一切ありませんでした。
※併せて、「ハスラーターボ試乗記」もお読みください

 

しかし試乗して1分後、明確な違いが判明します。それはハスラーターボ車の試乗同様、坂道坂道でキックダウンで踏み込んだ時に感じました。

 

踏んでから3秒後に回転数が上がるのを感じたのはターボ車と同じですが、そこからがとにかく重いのです。マニュアル車でギアを変えずに急な角を曲がったあとで重苦しく加速する感覚と似たものがあります。つまりトルクが圧倒的に違うのです。ゆっくりゆっくり加速していきますが、これでは人が乗って荷物も載せて・・・となった時に間違いなくパワー不足を感じるでしょう。

 

今までも軽自動車に乗っていた人ならこれをパワー不足と思わないかもしれませんが、登録車から軽自動車に乗り換えようと考えている方にはお勧めできません。正直、残念なくらいのトルクの細さでした。選ぶなら燃費は若干落ちますが確実にターボ車が良いでしょう。

 

平均燃費は16.4km/Lとなっており、試乗車コンディションとしてはなかなか高いのかなと思います。当たり前ですがこの点はターボ車よりもノンターボ車に軍配が上がります。

 

ノンターボ車試乗総評

以上でノンターボ車の試乗とチェックが終了しました。

 

最上位グレード"X"のターボ車と中間グレード"G"のノンターボ車の違いを比べたうえで、Gグレードノンターボ車は、

  • 絶望的に坂道のパワーが足りない
  • スチールホイールのデザインがダサすぎる

という印象を持ちました。

 

これらから、私が選ぶとしたら自然と「ターボ車」と「アルミホイール車=最上位グレード」となります。なんだかメーカーの思惑に見事にハマっているような気もしなくないですが、自分にとって譲れないもので絞っていくと以上の通りとなりました。

 

ディーラー到着後、商談へ。ということで次はハスラーの商談編です。

>>【ハスラー試乗レポート4】値引きは渋いが相応は価格


ページ作成日:2016/12/05 13:05:17


中古車購入はプロへ依頼

 

 

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。