ハスラーのエクステリア&インテリア試乗レビュー

スズキ ハスラー(Hustler)試乗前の下調べ

ハスラー 試乗

1月3日の発売後、なにかと注目度の高いハスラー。私も東京モーターショーで初めて見たときから非常に気になっている一台です。

 

そして3月某日、たまたま予定が空いたためディーラーが決算期に追われる中、試乗に向かいました。・・・の前に、軽く下調べをしてから試乗に行きます。

ハスラーというと特長的なエクステリアが売りですが、その「ハスラーらしい」装備を装着すると乗り出し価格は150万円は軽く超える価格になり、軽自動車としてはやはり高い部類に入ることになります。

 

いくら良い車といっても軽自動車です。特に発売から日が浅い事や人気であることからハスラーの値引きは期待できません。1.2Lの登録車も選べる価格となると、二の足を踏んでしまいます。
もし買うならぜひ人気の新車を40万円安く購入するテクニックを使って購入したいですね。

エクステリアの観察

さて、試乗記へ。

ハスラー 試乗

スズキディーラーに到着するとまずは予約したとおりハスラーの最上位グレード"X"ターボ車(CVT)の試乗に。見た目はやはりその辺の軽自動車とは全く雰囲気の異なる車でした。

 

地上高が高くスクエアが強いボディは「もう、どこでも走ります!」と言わんばかりのフォルムで、コンサバイメージの強い軽自動車と異なります。まさに「遊べる軽」という言葉が似合うデザインです。
またオフロードのガンメタルの15インチアルミホイールを履き、フォグランプとディスチャージヘッドランプは「かっこよさ」として強烈に印象に残りました。

 

インテリアのチェック

さて、運転席に乗り込みます。
開口部は広いものの、やはりボディ形状から分かる通り足を上げ無くてはならない印象はありました。お年寄りを載せる予定がある方は、介助など行う覚悟は必要となります。よって、乗りやすさは普通か少しイマイチといったところです。SUVの宿命ですが。

 

ハスラー 試乗

フロントパネルは至ってシンプルで単眼のメーターとインフォメーションモニターがあるのみ。好き嫌いが別れる部分となりますが、私個人としては物寂しさがあります。特にメーター右側が大分空いてエアコンダクトという配置はなんか落ち着かない気分になります。

 

ハスラー 試乗

最後に車両後部をチェック。まずはダメ出しから。後部座席の開口部はこれまた広いですが、前席同様地上高が高いため乗降性は平均くらいでしょうか。

 

後部座席に座ってみれば、最近の軽自動車の高い居住性と比べるとイマイチ。
助手席を広く取ると、平均的な身長体型の私が座る後部座席の膝元にスペースはほとんど無い状態に。
ちょっとこれでは4人で旅行の荷物乗せて・・・というのは難しいですね。トランクもほとんど前後長が無く、これ本当に荷物乗るかなぁと思ってしまいました。

 

ハスラー 試乗

逆に「これいいな」と思ったのは、前席も後席も2分割して前後に動くことです。
先ほど室内のスペース・居住性を何点かダメ出ししましたが、席を前後にずらすことができるため使いようによってスペースを自由に確保できる点は非常に優れています。もし4人乗らないのであれば、乗らないスペースを潰してその分効率よく荷物を積載できます。

 

マイナスポイントをカバーするべく工夫が凝らされている車ですね。

 

また、トランクが撥水加工されているため汚れを気にせず使えるところもレジャーを引き立ててくれます。さすがにエクストレイルのようにシートまで撥水とはいきませんが、それでも雨の後に気にしないでトランクに積載できるのはありがたいですよね。

 

ハスラーエクステリア&インテリアチェック総評

外観は非常に面白い車です。今までの軽の「動けばよい」という風潮を壊す、全く新しいタイプの車であることは間違いなく、見ていて飽きない車です。
ジムニーという本格的なSUV軽自動車もありましたが、あまりに外観も価格面も本格的すぎ(4WD設定のみ、3ドア)て一般化された車とは言えません。その分、ハスラーは一般の人が乗れる方向性(FF・4WD、4ドア)でもありながら、実にユニークなスタイルを持つバランスのとれた車と言えるでしょう。

 

しかし、居住性や内装については上手く言えばシンプル、悪く言えば軽自動車の域を超えないといっても良いでしょう。むしろ居住性だけとれば近頃発売されたeKスペースやハスラーと同じヒンジドアタイプのN-WGNに及びません。
ただし絶対的なスペースは劣るものの、その分アレンジを利かせて効率よくスペースを使えるという点だけはスズキの名誉のためにも付け加えておきます。

 

次は、ハスラーターボ試乗編です。

>>【ハスラー試乗レポートpart2】軽でもあなどるなかれ、ターボの威力

 


ページ作成日:2014/03/13 19:07:13


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。