アウディA4 2.0TFSI試乗記その3

AudiA4の商談へ、値引き額は50万円!?

試乗が終了し、商談ブースへ。グレードの選択を行います。ここで問題になるのがやはり価格です。

  2.0TFSI 2.0TFSI quattro
Normal 467万円 554万円
Dynamic Line 500万円 587万円

>>アウディA4を400万円代で購入するには?

 

NoramalかDynamic Lineか、での価格差は33万円。Dynamic Lineは通常モデルにエアロ形状の専用フロント・リアバンパー、サイドシル、パドルシフト等の「S-Lineパッケージ」と追従式クルコン等の「アシスタンスパッケージ」がついたもので、AMG LineやMスポーツのようなスポーティオプションです。

 

S-Lineパッケージのみという選択肢は無く、S-Lineパッケージとアシスタンスパッケージがセットでついてくるのは残念ですね。

 

アウディA4 値引き調査

ただS-Lineパッケージによる外観上の違いは大きく、A4はライバルと比べて元々主張の少ないデザインなので、Audiというプレミアム感を出すためにはDynamic Lineは必須、と考えます。

 

次にFFか4WD(quattro)か、での価格差は87万円と大きく違います。両者の違いは、駆動方式と馬力とトランスミッションです。FFは180馬力のCVT、quattroは211馬力7速DCT(Sトロニック)の設定となっており、その他装備などの違いはありません。

 

Audiといえばquattroというくらいですので、こだわりがあるなら当然quattro一択となるでしょうが、悩まれる方の判断材料としては4駆が必要かどうかです。雪山や悪路を走る可能性があるかどうか、これが判断の基準となるでしょう。仙台以北ではquattroが圧倒的に多いそうです。

 

とはいっても、quattroを選ばずともFFなので走れないことはありませんし、4WDであろうとFFであろうとスタッドレスは必要です。余程の豪雪地帯では無い限りFFで十分で無いでしょうか。

 

よって、2.0TFSIのDynamic Lineで見積もりをもらいました。

3月購入で乗り出し価格は554万3260円。同タイプのボリュームゾーンで妥当な価格設定かと思います。
メルセデスベンツCクラスやBMW3シリーズ装備を合わせて比べても大体同じくらいになるでしょう。
ただA4のメリットはモデル成熟期であるということです。

 

発売から8年経ち改良を重ねたモデルですので故障のリスクが低いこと、価格の割に装備の質が高いという特長があります。このような意味では他モデルよりお得感のあるモデルになっています。

 

値引き額ですが、見積書に記載はありませんが「本体価格の10%」、つまり50万円は可能だという話でした。となるとスポーツグレードで乗り出し500万円となり、だいぶお得感があります。

 

>>アウディA4を460万円で乗るためには?

まとめとして、モデル成熟期としてやはりまとまった印象でした。あくまで大人なラグジュアリー感をベースにしたモデルですが、スポーティ性も押し出したデザインがバランスよくマッチしています。老若男女すべての人が乗っても違和感の無い車はこのクラスではA4くらいでしょう。

 

 

<<試乗レポート1はこちら


ページ作成日:2015/04/13

エコカー補助金よりも得する方法

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。