SUVの概要と燃費や価格帯、オススメを知る

SUVとは?

SUVとは、「スポーツユーティリティービークル(Sports Utility Vehicle)」の略で、街乗りだけでなくレジャーなどの場面においても使い勝手の良い車のタイプの総称です。

大径のホイールに高い地上高で路面を選ばない走行性能と、様々な物を積載できるよう比較的ボディの大きな車が多いのが特長です。

 

その分、価格もコンパクトやセダンと比べるとサイズの割に少し価格も高め。SUV車は人気も高く値引きは少な目ですので、ディーラーの値引き以外で安く車を購入するテクニックを活用しましょう。

>>新車SUVの見積もりを40万円安くするテク

 

エクストレイル

 

そのSUVにもいくつかタイプが存在します。最も自分の車の使い方や状況に適したタイプを選びましょう

 

  1. ▼クロスオーバータイプ
  2.   (価格帯:165.9〜499.8万円)

  3. ▼シティタイプ
  4.   (価格帯:178.5〜650万円)

  5. ▼スタンダード4WDタイプ
  6.   (価格帯:208.95〜1573万円)

  7. ▼クロスカントリータイプ
  8.   (価格帯:126〜1670万円)


【欲張りな人向け】クロスオーバータイプ

価格帯:165.9〜499.8万円

売れ筋価格帯:250〜350万円

 

現在のSUVの主流で人気のタイプです。
見た目は大きいタイヤにハイフロアで迫力のあるSUVですが、現代のエコカーニーズに則ってハイブリッドやクリーンディーゼルを搭載した車が登場。
低燃費なSUVが人気を博しています。

 

更に中心的な価格帯も300万円前後と低く、購入ハードルの低さも人気に拍車をかけています。
車内は基本的に居住性重視。
足回りを柔らかくして室内の快適性を高めつつもマツダ・CX-5のようにハンドリングにも注力した車もあり、生活の足から趣味的な使い方まで非常にバランスの取れたタイプです。

 

(クロスオーバータイプの車種)

国産車

輸入車

トヨタ・RAV4

日産・ジューク
日産・デュアリス
日産・スカイラインクロスオーバー
スバル・フォレスター
スバル・スバルXV
スバル・スバルXVハイブリッド
スバル・レガシィアウトバック
マツダ・CX-5
三菱・RVR

VW・パサートオールトラック

VW・クロスポロ
VW・クロストゥーラン
プジョー3008
キャデラック・SRXクロスオーバー
フォード・クーガ

 

【SUVの迫力を発揮する街乗りプレミアム志向】シティタイプ

CX-5価格帯:178.5〜650万円
売れ筋価格帯:300〜450万円

 

後述のクロスカントリータイプを街乗り用に最適化したのがこのシティタイプです。

 

SUV本来のワイルドさや迫力はそのままに、そこから悪路走行性を取り除いて価格面、燃費性、操縦性をプラスさせた車です。SUVのデザインが好きなんだけど、山登りや川渡りなど悪路は走らないという人には打ってつけのタイプでしょう。

 

クロスカントリータイプをベースとしているためボディサイズが大きく、それだけ車重が重くなり燃費性能良くないでしょう。ただ多くの車種で2WDと4WDの選択が可能なため、自分の利用スタイルや考え方に応じて適切な車を選ぶことができます。
やはりエコカー志向がシティタイプにおいても強く、2WDモデルが人気のようです。

 

(シティタイプの車種)

国産車 輸入車
トヨタ・ヴァンガード

日産・ムラーノ
ホンダ・CR-V
マツダ・CX-5
三菱・アウトランダー
三菱・アウトランダーPHEV

VW・ティグアン

BMW・X1
アウディ・Q3
メルセデスベンツ・GLSクラス
メルセデスベンツ・Mクラス
ルノー コレオス
ジープ・コンパス
シボレー・キャプティバ
フォード・エスケープ
リンカーン・ナビゲーター
リンカーン・MKX

 

【悪路も舗装路も運転を楽しみたい人】スタンダード4WDタイプ

カイエン価格帯:208.95〜1573万円
売れ筋価格帯:250〜350万円

 

舗装路はもちろん悪路も走ることができる車です。

ラインナップが4WDのみの車種がこのタイプに該当します。つまり、本格的な悪路走行も視野に入れた車ということで、本来のSUVの機能を充分に備えた車になります。

 

とはいってもそこまでクロスカントリータイプほど頑丈であったりタフさは無く、エクステリアは現代風に洗練されており角張ったデザインよりは空力を意識したスタイリッシュなデザインが主流となっています。
走行性能もガチガチの悪路走行を想定しているというよりは普段の舗装路走行で快適に走ることのできる装備・チューニングとなっています。

 

シティタイプよりもエンジンパワーや剛性感を高めるため車重が重くなり、舗装路においてのハンドリングやエンジンの反応は少し劣ります。

 

(スタンダード4WDタイプ)

国産車

輸入車

レクサス・RX

スズキ・エスクード

VW・トゥアレグ

BMW・X3
BMW・X5
BMW・X6
アウディ・Q5
アウディ・Q7
メルセデスベンツ・GLクラス
ポルエシェ・カイエン
ボルボ・XC60
ボルボ・XC70
ボルボ・XC90
ランドローバー・レンジローバーイヴォーク
ランドローバー・レンジローバースポーツ
ランドローバー・フリーランダー2
ジープ・グランドチェロキー
キャデラック・エスカレード
フォード・エクスプローラー

 

 

 

【どんな道でも走りたい人向け】クロスカントリータイプ

FJクルーザー

価格帯:126〜1670万円
売れ筋価格帯:450〜650万円

 

大排気量エンジンと4WDで、どんな道でも走ることの出来る車です。

 

エクステリアを見ても、どんな環境にも対応できる車高の高さに角張ったデザインで頑丈そうなイメージがありますが、まさにイメージ通りの性能を誇ります。
ただし、そのワイルドさの割に中身は高性能なコンピューターが搭載され、路面状況に応じてエンジン出力・ブレーキ制動力を自動コントロールし、繊細なコントロールで悪路走破の手助けをしてくれます。

 

悪路走行をかなり重視したチューニングのため、普段の生活では使いづらさを感じるでしょう。普段都会に住む人は運転に自信が無い限りやめておきましょう。
以前はSUVがというとこのタイプが主流でしたが現在は衰退気味。燃費の悪さや普段使用時の使い勝手の悪さが響き、非常に趣向性の強い車となっています。

 

(クロスカントリータイプの車種)

国産車

輸入車

トヨタ・FJクルーザー

トヨタ・ランドクルーザー
トヨタ・ランドクルーザープラド
トヨタ・ラッシュ
三菱・パジェロ
スズキ・ジムニー
スズキ・ジムニーシエラ
ダイハツ・ビーゴ

メルセデスベンツ・Gクラス

ランドローバー・レンジローバー
ランドローバー・ディスカバリー4
ジープ・パトリオット
ジープ・ラングラー

 


ページ作成日:2014/03/07 12:32:07


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。