国産スモールセダンライバル比較

【カローラアクシオ対ラティオ】国産スモールセダンライバル比較

スペック・諸元比較

スペック&諸元比較 トヨタ・カローラアクシオ(1.5G) 日産・ラティオ(X)
写真 A A
価格 165万円 147万円
エコカー減税 50%(5.5万円の優遇) 75%(8.1万円の優遇)
JC08モード燃費 20.0km/L 22.6km/L
全長×全幅×全高 4360×1695×1460mm 4425×1695×1495mm
ホイールベース 2600mm 2600mm
重量 1090kg 1030kg
最小回転半径 4.9mm 5.2mm
エンジン種類 1.5L直列4気筒DOHC 1.2L直列3気筒DOHC
総排気量 1496cc 1198cc
最高出力 80kW(109ps)/6000rpm 58kW(79ps)/6000rpm
最大トルク 136N・m

(13.9kg-m)/4800rpm

106N・m

(10.8kg-m)/4400rpm

駆動方式 FF FF

 

各ポイントで比較

価格差・コストパフォーマンス

20万円弱の車両価格差に加えて減税の優遇分併せて20万円強、ラティオ購入時の方が安いでしょう。また燃費もカローラを上回るため、トヨタと日産のバッジの違いはあるものの単純にコストだけを比べればラティオの方に軍配が上がるでしょう。

 

 

動力性能

1.5L直列4気筒を搭載するカローラアクシオはCVTとのマッチングで市街地走行でのストップ&ゴーの扱いやすさが目立ちます。1.2L直列3気筒を持つラティオも悪くは無いですが、サイズ並の動力性能です。高速走行になると再加速までのもたつきを感じ、エンジン音の盛り上がりも大きいです。その点でほぼ同サイズ・同重量のアクシオは1.5Lで余裕のある動力性能を発揮するため、同タイプとしては比較的力強いモデルと言えます。

 

燃費性能で劣るアクシオですが、動力性能は大きく勝るため一長一短というところでしょうか。

 

実用性

トランクルームの容量はラティオの方が上で、大型セダンのマツダアテンザよりも大きい490L。一方アクセラは461Lなので、大幅にラティオの方が上です。開口部もトランク上部側の開きが大きいため、大きい荷物でもトランクに入るかという心配の必要はありません。

 

車内の収納スペースは日本のクルマ文化を支えてきた車だけあって、アクシオに軍配が上がります。ラティオにも適度に収納がありますが、それ以上にアクシオの丁度「かゆいところに手が届く」収納が目立ちます。

 

運転のしやすさは両車ともに5ナンバーのコンパクトセダンというだけあってよく意識されています。車の前方、後方、側面がどの位置にあるのか、視界に入りやすく老若男女誰でも運転のしやすい車であることに間違いはありません。

 

結論

どちらもコンパクトサイズながら、セダンの使い勝手や質感を実直に実現させていますので大きな違いはありませんが、敢えて大きな違いをあげるのであれば動力性能になります。

 

1.5Lと1.2Lの差は小さく無く、サイズ並みのラティオと動力に余裕のあるカローラアクシオという印象です。排気量の差は裏を返せば燃費性能にも繋がりますが、2.2km/Lという燃費差は僅かなものであり、1.2Lと1.5Lの力強さの違いを考えれば1.5Lのアクシオを選んで間違いは無いでしょう。

 

>>カローラアクシオの値引き情報はこちら


>>ラティオの値引き情報はこちら


ページ作成日:2014/08/25 11:24:25


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。