乗っていた車・中古車を高く下取りしてもらうコツ

【中古車】乗っていた車を高い値段で下取りしてもらうコツ

中古車下取りのコツ

ディーラーで下取りされた車はその後、中古車としてまた販売されます。
ということは・・・そう、中古車として価値がある車であれば下取り額も大きくなるのです。
では、中古車として価値がある車ってどんな車でしょうか?工夫して下取り額を高めるコツをご紹介します。

 

ニーズが高い車

人気の車は中古車として販売しても良い値で売れるので、下取り額も高めです。
近頃は環境意識の高まりで「ハイブリッドカー」や「アイドリングストップ車」は中古車市場でもニーズが高いため下取り価格も上がりやすいでしょう。

売却するタイミング

売却するタイミングも非常に重要です。タイミングは2つの観点で考えます。

季節

冬、雪国で2WD車が売れるでしょうか?間違いなく雪国では4WD車の方がニーズは高いです。
日々、季節によって車のニーズは変わるのでタイミングを見極めた方が良いでしょう。
先程の雪国の例でしたら、10月頃は4WD車の下取りニーズは高まるでしょう。また、ちょうど各販売店も販売数を伸ばしたい時期なので下取り額も必然と高まる可能性高いです!

該当車のモデルチェンジ

携帯電話の機種が型落ちすると価格は下がますよね。車も同じで今乗っている車がモデルチェンジをすると、旧型は型落ち車両として価値が下がります。そして下取り価格も下がります。
もし車を下取りに出そうと考えたならすぐにその車のモデルチェンジ情報をチェックしましょう。直近でモデルチェンジの情報があれば、急いだ方が良いですよ!

付属品

車両取扱説明書、ナビ・ナビのリモコン、タイヤの残り山など車両についている品々はなるべく元あったようにして売るのが一番です。次利用する人はなるべく新車に近い形で購入したいので、購入した時点に近い状態を再現しましょう。

純正ナビ 中古車

特にナビは純正品だと価値がかなり上がって高値が付きます。
また、機械類の動作確認も大切です。

見た目

なんだかんだいって最後は見た目で判断されます。綺麗な中古車は人気が高く、高値で売れるのは当然です。
下取り査定してもらう前に、ゴミや汚れはなるべく落としておきましょう。要は普段から大事に扱っておけば自然と車の価値は上がるということです。
何年も乗っていればボディにキズが付くのは当然ですが、簡単に落とせるような小さなキズはなるべく落としてからにしましょう。安く手に入ってキズを隠せる道具も沢山あります。もちろん直した全ての分が査定にプラス評価が加わるとは限りませんが、やっておいた方がいいと思います。

ディーラーでの下取りよりも得する方法

選択肢を増やそう

実はディーラーでの下取りでは損している可能性があります。

 

最も高く車を売って得する方法・・・それは、複数の業者に見積もってもらって、下取り額・買取額を比較するという方法です。

 

どういうことかというと、車を購入するときを考えてください。値引きをするために他のメーカーやディーラーに行って購入総額の見積額を比較して一番納得できる所を選びますよね。それを車を売るときにも使います。
ディーラーで下取り額を見積もりするだけでは競争がないので価格は抑えられています。そこで複数の中古車買取業者の買取額と比較することで一番条件の良い売却先・下取り先を見つけることができます。大抵の場合、中古車買取業者での買取価格よりディーラーでの下取り価格が勝るということはありません。

 

要は売却先の選択肢を増やすことが重要なのです。私はこの方法でかなり得することができました。

車 下取り 比較

新車を買うのに40万円も違ったらかなり大きいですよね!

 

下取り額を比較する方法

「何社くらいで比較すればいいんですか?」とよく聞かれますが、答えは「なるべく多く」です。見積もりを出す業者が多ければ多いほど良い条件を見つけやすいのでいくらでもほしいところです。
しかし何十社も見積もり依頼を出すのは非常に大変です。毎回同じようなデータを打ち込むのは苦痛だと思います。
そこで便利なサービスが↓↓コレです。↓↓

見積もり 比較 中古車

手元に車検証があれば、3分で終了します。しかも無料。

 

1度きり愛車のデータを打ち込めば、あとは数十社にそのデータを自動的に送信して後日見積もりが送られてきて、後はそれらを比較するだけです。
もう何度も業者に電話したりいちいち車で向かって待たされながら査定を待つ必要はありません!

 

なぜこのサービスを使うと高値で買取ができるの?

複数業者との比較

一度の査定依頼で複数業者の見積もりが来るので、各業者の下取り価格を見てもっとも条件が良いところを選ぶことができます。業者も競合する他社と比較されるのを分かっているので、力を入れて好条件を出してきます。

 

海外市場への輸出

交通環境の良い日本で使われた車は故障が少なく、世界各地で非常に高いニーズがあります。日本車ならなおさらで、頑丈で故障率が低く高額で買い取る海外業者もいるため下取り価格も期待できるのです。

 

車 買取 比較


ページ作成日:2013/01/11 10:54:11


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。