廃車手続きの流れ

乗らない(乗れない)車がある人は、早く廃車にしましょう。
というのも、乗ってもいないのに毎年自動車税を納付しなくてはなりません。
乗らない車に税金を払うなんてバカバカしいですよね。

 

以下、自分で廃車手続きを行う流れをご紹介します。

 

車を解体する

通常は解体業者に頼んで解体してもらいます。
気になるのは解体費用。
多くの業者は解体するのにお金がかかります。
自走出来る場合はそんなにかかりませんが、廃車にするのであれば大抵自走は出来ないでしょう。
となると引き取り依頼をしなくてはならずそれが1万円、そしてそれにリサイクル料金が追加されて
総額として1万円から3万円ほどかかると言われています。

状態によっては廃車にせず、業者に売るという方法もあります。
買い取ってもらえるのでむしろ得します

 

必要な書類を準備、記入

廃車に必要な書類は以下の通りです。

末梢登録申請書

各都道府県の陸運局の用紙販売所で購入します。100円くらいです。

解体証明書

自動車の解体業者に発行してもらう、その名の通り解体しましたという証明書です。

手数料納付書

廃車手続きに必要な手数料を支払う書類です。各都道府県の陸運局で販売されています。

印鑑証明書

印鑑

ナンバープレート

解体業者にナンバープレートをもらって保管しておいてください。
廃車手続きの際に前後のナンバープレート2枚が必要です。

車検証

書類や手続きが面倒なので、これらの書類を代理でやってくれる業者もあります。
代理人に頼む場合、更に委任状が必要になります。費用は1万円ほどが相場のようです。

 

陸運局で手続き

廃車手続きは各都道府県の陸運局で行います。

必要書類の入手

上記必要書類の中で、末梢登録申請書、手数料納付書を入手、記入します。

ナンバープレート返却

ナンバープレートを返却します。

必要書類を提出

必要書類一式を提出すると末梢登録証明書が渡されます。

自動車税の抹消申告

自動車税申告事務所で自動車税申告用紙を入手し、記入、提出します。
これで翌年以降自動車税の納付所が送られなくなります。


ページ作成日:2012/09/04 17:25:04


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。