中古車、どこで買う?

中古車を買う場所

中古車を買うまでに探す方法として、
・ネットで探す
・直接販売店で探す
が考えられます。

 

そこで良い車両がいくつか見つかったとして、どこで買うのが良いのでしょうか?
それぞれ購入する場所の特徴をご紹介します。

 

ディーラー

(ここでいうディーラーとは各社メーカーが自社製品をメインに在庫として置く中古車屋とします。)
<メリット>
ディーラーは自社製品を置くので、ディーラーのイメージが直接メーカーのイメージとなります。
他の販売店と違ってディーラーはその責任が大きいので、ユーザーに対して真摯な対応をします。
ユーザーに売った車が故障したらブランドに傷がつくのでメンテナンスは念入りですし、
すべての対応が丁寧でしょう。

 

<デメリット>
それだけ手厚い保護があるのでその分値段はもちろん高くなります。
しかし中古車という何があるか分からない商品ですので、
人によってはその保険代と考えればそこまで高くないのかもしれません。

 

本体価格を下げずに40万円安く購入するテクニックはこちら

 

 

中古車屋

(ここでいう中古車屋とは、メーカーによる経営でなくそれ以外の企業が中古車を販売する店とします)
<メリット>
ディーラーに比べて安いです。
だからといって物が悪いかといえばそうでもなく、程度が良いものもたくさん置いてあります。
一般にディーラーより車両の買い取り額が高いため良いものが入る可能性もあるためです。
また、価格が低くてもちゃんと整備してくれるところもあります。

 

<デメリット>
整備しますと言って簡易な整備だけの悪徳業者もいます。
良くも悪くもギャンブル要素が強くなってしまうので、車に詳しくない人にはあまりおすすめできません。

 

また、ブランド意識が低いので責任感という面でディーラーとは大きな差があるでしょう。
とにかく売る!という意識が強く、セールストークが強すぎる店員には注意です。
先日行った中古車屋で「翌々日には無くなってますよ」と言われて仮契約までして結局購入しなかった車が
2週間後その中古車屋の前を通りかかったときにまだ残っていたのを見ました(笑)
もちろんディーラーも売ることが絶対命題だとは思いますが、
中古車屋はその意識が一段と強いように感じます。

 

 

オークション

オークションで直接車両を落札するという方法もありますが、
結局その出品者は中古車屋なので内容は上記と同じです。

 

オークションの特徴は全体的に安い車両が多い印象があります。
詳細な検索もできるので便利ではあります。

 

しかし現車確認なしで落札できてしまう点に注意です。
安い車両ほど恐いものです。トラブルのもとにもなり得ります。
必ず現車確認をして落札をしましょう。

 

また、オークションの場合個人出品者から直接手に入れることができます。
通常個人が車を手放す場合、次のユーザーの手に移るまで少なくとも1社の業者が存在するため、
中間マージンが発生してしまいます。
中間業者を排除した個人出品者からの購入ですと、大幅に安く買える可能性もあります。
しかし前のユーザーがどのような乗り方をしていたか分からないので、こちらも必ず現車確認をしましょう。


ページ作成日:2012/09/13 16:37:13


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。