中古車購入の流れ(車種選定〜駐車場契約)

中古車購入の流れ 前半(車種選定〜資金調達)

車種や予算を決める。

物を購入するときはまずはここからです。
車種決めがしっかりしないといっこうに車を買う事ができません。
特に車は安い買い物ではありません。
ここでプランがしっかり組まれないと、セールスマンの口車にうまく乗せられて
気付いたら欲しくもない車を買っていたなんてことになりかねません。
ここでしっかり考えましょう。

 

ここで役に立つのがカーセンサーやGoo-netなどの中古車情報サイト。
目的から探すならボディタイプから検索することもできますし、
予算にプライオリティをおくなら予算から車種を検索することができます。
ここで候補車種の相場を調査しておくことをおすすめします。
後々店舗に車を見にいく際に、高い/安いの判断材料にすることができます。

 

 

資金調達方法の決定

こんなの後で決めれば良いじゃん
なんて思ったら大間違いです。
よほど値段の低い車両を購入しない限り、多くの方はローンで購入するでしょう。
ローンにはディーラーが推薦してくるローンや自分で申し込むローンがあります。
事前に自動車ローンを組めるところで金利を調査しておくと、
最も安く購入することができますね!

 

また、既にある程度予算が準備されていてそれを「頭金」という形で
多く出せれば出せるほど、車両価格の値下げを生みます。
頭金を出せればローン回数も減るので金利分も少なく済みます。

 

 

数件のディーラーで実車を見る

@で車種と予算を決めました。
次は実際にその車種を見にいきます。
情報サイトで検索した車は写真でしか状態を確認できません。
しかし、ここで実車を確認することで実際どんな車なのか、
価格と状態のバランスはどうなっているのかを確認します。

 

ここでただ見るのではなく、
せっかく実際に車を見たので装備や色など具体的な条件の優先度を考えましょう。
たとえば軽自動車でホイールのデザインは重視されるでしょうか?
おそらく優先度はそこまで高くないはずです。
しかしBMWではどうでしょう?
ホイールデザインによって全体の印象が大きく変わり、重要度は高いのではないでしょうか?
自分が車に何を求めているのか、
冷静によく考えて「これは必要」「これは無くてもいいかな」などの妥協点を見つけましょう。

 

また、車両だけでなくディーラーを信頼できるかどうかも判断しておきましょう。
後々これが大きな判断材料になります。

 

 

駐車場を探す

駐車場を探さないと車庫証明が取れず、罰金が科されます。

 

 

中古車購入の流れ 後半(ディーラー決め〜納車)へ

 

 


ページ作成日:2012/09/11 18:52:11


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。