アテンザワゴンの値引きとスペック

アテンザワゴンの評価とスペック

マツダ・アテンザワゴン XD(2013.11〜)

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>マツダ・アテンザワゴンを
40万円安く買うテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

10万円

20.0km/L

100%

292万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

2188

FF

6速AT

4800×1840×1480

アテンザワゴンの値引き

アテンザワゴンの値引きの相場は?

アテンザワゴンの値引き額は10万円程度が予想されます。

 

もちろん地域・業者・グレードなどによって異なりますが、燃費の良さや車両本体の価格を考えると10万円が限界でしょう。

頑張れば、どれぐらい値引きを引き出せますか?

ディーラーから本体値引きで10万円以上引き出すことは難しいです。なのでディーラー以外でアテンザワゴンを購入する方法を試しましょう。

 

ただディーラーとの交渉に期待を持っている方もいると思うので、以下に代表的な交渉術をあげておきます。

  • ライバル車種の購入をチラつかせる

     (レヴォーグやアコードツアラー)

  • 販売ノルマに追われる決算前に商談を行う
  • オプションサービスを受ける

これらの方法などで、値引きを誘ったことがありますが、ほとんど効果はありませんでした。
また、数店舗に足を運びましたが大した差はありませんでした。

 

あとで、カーディーラーの友人に聞いた話ですが、車種ごとに値引き額の上限は決まっており、人気車種であればあるほど、その上限は低いそうです。

 

なので、新車を数十万円安く購入したい方はディーラー以外に目を向けるべきなのです。私はその方法で以前40万円安く新車を購入したことがあります。

>>アテンザワゴンを40万円安く購入する方法はコチラ

アテンザワゴンの乗り出し価格はいくらですか?

アテンザワゴンの乗り出し価格

アテンザワゴン 

  • 本体価格:292万円
  • 登録諸費用:6.7万円
  • リサイクル料金:1.3万円
  • 自動車税:1.5万円
  • 自動車取得税:0万円
  • 自動車重量税:0万円
  • 自賠責保険料:4万円
  • クリーンディーゼル補助金:-12万円
  • 値引き:-10万円
  • --------------------------

  • 合計:282万円

 

ただし、これはオプション無しの価格です。
ほぼ全グレードに走行中の車間距離を測定し衝突事故を軽減するブレーキ自動制御機能が標準装備されています。また「XD L Package」には高品質なBose社製のサウンドシステムが標準装備されます。 

 

>>アテンザワゴンの乗り出し価格を下げるためには?

 

アテンザワゴンの特長

ディーゼル以外の燃費の強みは?

ディーゼルエンジンが注目されるアテンザですが、ガソリンエンジン車でも共通する燃費向上システムが標準装備されています。減速時の運動エネルギーで発電をおこない、エンジンでの発電コストを削減する「i-ELOOP」に加え、世界最速レベルでの瞬間再始動を実現したアイドリングストップ機能「i-stop」により、燃料の無駄を極限まで抑えているのです。

運転のしやすさは?

アテンザワゴン

アテンザは全グレードでコクピット周りが改良されています。ペダルを踏み込んだ時に足の踵がずれず、ブレーキ操作もしやすい「オルガン式アクセルペダル」を採用しています。さらにエンジン位置と共に前輪の位置を従来よりも前方に切り替えたことで、足元のスペースに余裕が生まれました。さらにドアミラーの取り付け位置も変更し、斜め前方の視認性も高めていますので運転のしやすさは先代よりもはるかに向上していると言えるでしょう。

追加でつけるべきオプションは?

メーカーイチオシともいえるオプションの「Boseサウンドシステム+11スピーカー」です。アテンザの25S L PackageおよびXD L Packageには標準装備されています。長距離や大人数でのドライブでは音楽が大きな役割を果たします。アテンザには臨場感にこだわり低音から高音までに優位性を持つスピーカーを自動的に11個の中から検出して再生する「3wayシステム」が搭載されています。さらに走行中のノイズを自動補正する機能も備えられており、車内とは思えないほどハイクオリティーな音響空間を実現しているのです。

 

アテンザワゴンの評価の理由・詳細

走行性能  

2,000回転から420N.mものトルクを発生させます。これは4.2Lのガソリンエンジンに相当する出力ですので、加速性能はもちろん坂道での走行も快適です。さらにステアリングを握ったままでシフトチェンジができる「ステアリングシフトスイッチ」もATの全グレードに標準装備されています。

 

車内居住性  

フロントシートにはスポーツカーのようなデザインとなっており、着座した際のフィット感が高められています。さらに後部座席側にも飲み物を置けるボトルホルダーに加え、カップホルダー付きのアームレストが装備されており、大人数での長距離ドライブも快適です。さらに12Vの電源ソケットがラゲッジルームにも装備されているので、後部座席の人も携帯電話やパソコンの使用や充電ができるのです。

 

経済性  

カタログ燃費で22km/L、ユーザー申告の実燃費も市街地走行で平均15km/Lという数値が出ています。特にディーゼルエンジンを搭載しているXDはディーゼルならではの燃料代の安さに加え、クリーンディーゼル補助金による最大12万円の減額が見込めるため、コストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

 

使い勝手  

後部座席を起こした状態でも、ゴルフバッグが3個以上積める506Lものラゲッジスペースがあります。座席を倒せば最大1648Lの空間が生まれますので、長尺物や家具なども積みこむことができます。さらに後部座席はラゲッジルーム後方に設置されているリモコンレバーにより、ワンタッチで倒すことが出来ますので、荷物の積み込みもラクです。

 

装備充実度  

全グレードに運転席と助手席でそれぞれ独立操作ができ、花粉除去フィルター付きのフルオートエアコンが標準装備されています。さらにドライバーの体格に応じてステアリングの前後および高低を調整できる「チルト&テレスコピックステアリング」、フロント・リア・リアゲートの解錠および施錠を近づくだけでおこなえる「アドバンストキーレスエントリーシステム」も標準装備されており、オプション無しでも充実した装備が施されています。

 

お買い得度  

最大のライバルであるスバル・レガシィツーリングワゴンとの価格差はほとんどなく、むしろ「クリーンディーゼル補助金」による値引きと燃費の良さを考えれば圧倒的にお買い得度は高いと言えます。

 

 


ページ作成日:2014/03/18 10:51:18


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。