【2014年発売】トヨタ・新型ヴォクシーハイブリッドの値引き価格と評価

ヴォクシーハイブリッドのスペック・評価

トヨタ・ヴォクシーハイブリッド(VOXY HYBRID) X (2014.1〜)

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>ヴォクシーHVを40万円安くするテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

5万円

23.8km/L

100%(免税)

285万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

1797

FF

CVT

4695×1695×1825

>>VOXYのガソリン車モデル(2014.1〜)のスペック・評価はこちら

>>VOXYの旧モデル(〜2014.1)のスペック・評価はこちら

ヴォクシーHVの値引き

VOXYハイブリッドの値引きの相場は?

ミニバンで最も注目を集めている車種と言っても過言ではないヴォクシーHVの値引き額は、5万円程度ではないでしょうか。もちろん地域・業者・時期によって異なりますが、ディーラーの値引きに対する姿勢は厳しいものがあると思います。

頑張れば、どれぐらい値引きを引き出せますか?

本体価格からの値引きは5万円が限界です。ディーラーでそれ以上の値引きをしてもらうのは難しいため、ディーラー値引き以外でヴォクシーHVを購入する方法を検討しましょう。

 

以前新車を購入する際に、ヴォクシーHVのライバル車にあたる日産セレナHVの購入を検討していることをトヨタのディーラーに言ってみたり、ノルマに追われている月末に交渉に行ったりしましたが、ほとんど効果がありませんでした。

 

ヴォクシーHVは当初予定されていた8倍の購入予約があったため、値引きをしなくても売れるというのがディーラーのもっぱらの考えだと思われます。
そのためディーラーで大幅値引きされることを期待しない方がよいでしょう。

 

しかし、じつはヴォクシーHVを安く購入する方法ならあります。私はその方法で40万円安く新車を購入できました。知らなければ損をしていたなと思っています。
簡単で時間もあまりかからないので是非試してみてください。

 

>>ヴォクシーHVを安く購入する方法はコチラ

ヴォクシーHVの乗り出し価格はいくらですか?

ヴォクシーハイブリッド X の乗り出し価格

  • 本体価格:285万円
  • 登録諸費用:6.4万円
  • リサイクル料金:1.4万円
  • 自動車税:0.3万円
  • 自動車取得税:0万円
  • 自動車重量税:0万円
  • 自賠責保険料:4万円
  • 値引き:-5万円
  • --------------------------

  • 合計:292万円

 

ただし、これはオプション無しの価格です。
兄弟車のノアよりも、ダイナミックでスポーティーなデザインのヴォクシーHybridの場合、「走り」を楽しみたいというニーズも大きいものです。45,000円(税別)で「SRSサイドエアバッグ+カーテンシールドエアバッグ」が追加装備できます。スポーツ志向の人にはオススメのオプションです。

>>ヴォクシーハイブリッドの乗り出し価格を下げるためには?

 

VOXYハイブリッドの特徴

ヴォクシーハイブリッドの評価の理由は?

走行性能  

4000回転から最大142N・mの最大トルクを発生させる直列4気筒DOHC 1.8L、2ZR-FXEエンジンは、市街地から郊外、山道まで幅広く走破できる加速性能を備えています。
さらに、フロントピラーが細く作られているため、前方および斜め前の視界も広く、運転しやすくなっています。

 

車内居住性  

広い車内空間はもちろんのこと、「助手席オープントレイ」や大容量の「オーバーヘッドコンソール」「センターロアボックス」といった収納装備も充実しています。
さらに左右独立温度の設定ができるフルオートエアコンも装備され、後席用のサンシェードもありますので、後部座席の乗員がゆったりとくつろぐことができます。
また、ハイブリッド車には「助手席シートバックティッシュポケット」が標準装備されています。

 

 

経済性  

兄弟車のノアハイブリッドと同様の28.3km/Lという、ハイブリッド車のミニバンの中でもトップクラスの燃費性能を誇ります。さらに大容量のラゲッジスペースに加えて、1400mmの高さを誇るゆとりのある室内空間、SRSエアバッグシステムも標準装備されていますので、コストパフォーマンスは高いでしょう。

 

使い勝手  

横幅1,100mmという広いラゲッジスペースは、地上から500mmの荷室フロア高と相まって、非常に出し入れもしやすく、たくさんの荷物を積み込むことができます。
さらにサードシートは、ワンタッチかつ軽い力で折りたたみができる「ワンタッチスペースアップシート」を採用していますので、一瞬で広大な荷室空間を作り出すことができるのです。

 

装備充実度  

ガソリン車と比べて「ハイブリッド車」には、「センターコンソールトレイ」が標準装備されています。さらに「V」グレードは、センターコンソールトレイ内に、充電ケーブル不要の「おくだけ充電」が標準装備されています。仕事などで長距離移動をする人とっては便利な装備です。

 

お買い得度  

乗り出し価格で300万円前後でおさまり、ミニバンとしての基本性能や基本装備の全ての平均点が高く、兄弟車のノアよりもスポーティーな外観であるヴォクシーは、車にカッコよさを求める人にとってお買い得度は高いでしょう。別途エアロパーツを購入して取り付ける必要が無いのです。

 

ボクシーHVの特徴は?

新型ヴォクシー オリジナル色

ファミリー向け全般に作られたノアと違い、ヤングファミリー層を意識してデザインが施されたヴォクシーは「かっこよさ」「スポーティーさ」を漂わせます。


特にヴォクシー限定カラーとなる
「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」は別途30,000円(税別)のメーカーオプションとなりますが、さらなる存在感をアピールすることができます。

 

ヴォクシーHVのエアロパーツは?

新型ヴォクシーHV 木目パネル

トヨタモデリスタから、ノアもヴォクシーもカスタムパーツが発売されています。特にヴォクシーの外装カスタムパーツは車高の低さを強調し、重厚感があります。ヴォクシーにオススメなのは内装の「インテリアパネルセット」です。木目調で統一されており、車内の高級感が一層高まります。

 

居住スペースは?

新型ヴォクシー 室内

7/8人乗りミニバンとしてはクラストップとなる、1400mmもの室内高を実現しています。小学校低学年ぐらいの子供であれば腰をかがめずに車内を移動でき、開放感があります。さらに高さ以外でも、後部座席の膝周りにはゆとりがあり、足を組んで座ることも可能です。折りたたみ式のサイドテーブルもついているので飲み物や食べ物を後部座席で楽しむこともできます。また、「HYBRID V」グレードには、リアクーラーではなく「リアオートエアコン」が標準装備されますので、居住性はさらに高まります。

 


ページ作成日:2014/02/06 12:22:06


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。