【2013年11月FMC】新型アクセラスポーツの評価・評判と値引きテク

アクセラスポーツの評価・スペック

マツダ・アクセラスポーツ XD(2013.11〜)
新型アクセラスポーツ 評判と値引き

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>アクセラを40万円安く購入するテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

5万円

19.6km/L

100%

298万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

2188

FF

CVT

4460×1795×1470

アクセラスポーツの値引き

アクセラスポーツの値引きの相場はいくらですか?

アクセラスポーツの値引き額は5万円程度が関の山です。
(販売店や時期によって異なります)

 

走行性能も高く燃費も良い上に、テレビCMも頻繁におこなわれており、認知度も高い点から大幅な値引きに期待はできません。

 

>>値引き以外で新車のアクセラスポーツを安く購入するには?

頑張れば、どれぐらい値引きを引き出せますか?

2014年1月に2883台もの新車売上を達成している人気のアクセラスポーツを、5万円以上値引きするのは厳しいです。

 

車雑誌に書かれていた交渉テクニックをいろいろ使ってみました

残念ながら、全く通用せず、他の店舗でもダメでした。

 

ディーラーも商売なので、人気車種はほとんど値引してくれないようです。。

 

その為、ディーラーからの値引きを引き出すのは無理ですが、
アクセラスポーツを40万円安く購入する方法はあります。

アクセラスポーツの乗り出し価格はいくらですか?

アクセラスポーツ XDの乗り出し価格

  • 本体価格:298.2万円
  • 登録諸費用:6.7万円
  • リサイクル料金:1.1万円
  • 税金保険料:5.1万円
  • 自動車税:1.1万円
  • 自動車取得税:0万円
  • 自動車重量税:0万円
  • 自賠責保険料:4.4万円
  • 値引き:-5万円
  • --------------------------

  • 合計:311.6万円

>>アクセラスポーツの乗り出し価格を下げるためには

 

アクセラスポーツの評価と特長

アクセラスポーツの特長は?

走行性能

XDにはマツダの誇る新開発のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D2.2」を搭載しています。14.0という低圧縮比を実現し、燃費効率をさらに向上させました。2,000回転から発生する最大420Nmのトルクにより加速性能も高められており、より走りの楽しみが高められています。

 

車内居住性

アクセラ 室内居住性

先代よりもホイールベースが60mm、全幅は40mmと広がりました。とはいえ走りに重きを置いた設計になっているため居住性は先代とそれほど変わってはいません。

しかし、シルバーと本革で構成されたシフトノブやサテンメッキを施したインナードアハンドルにより高級感はさらに高められています。

 

経済性

XDの本体価格は300万円に及び、ライバルであるオーリスやインプレッサスポーツと比較すると高めの印象を受けるかもしれませんが、20km/Lを上回ると予測される燃費とディーゼルによる燃料費自体の安さにより、長い目で見たときの経済性はライバルを上回ります。

 

使い勝手

アクセラ ラゲッジルーム

スポーティーな流線型のデザインにも関わらず、ラゲッジスペースは後部座席を倒すと最大1334リットルとなります。ゴルフバッグが4個以上載せられるだけでなく、家具なども積み込めるので使用用途はかなり広がります。

 

装備充実度

ほぼ全グレードに標準装備される「7インチWVGAディスプレイ」は、インターネットに接続して常に最新かつ便利な情報が提供されます。facebookやtwitterといったソーシャルメディアとの連携だけでなく、世界の4万局あるラジオから好きなチャンネルを選べる機能、さらにはスマートフォンと接続することにより運転中でもハンズフリーで通話できる機能も装備しています。

 

アクセラ コマンダーコントロール

さらにそれらの機能を自在に操ることができる「コマンダーコントロール」をセンターコンソールに装備しており、運転を妨げることなく活用できます。このような機能はBMW、メルセデス、アウディ等の欧州車が近年こぞって搭載させている装備で、使い勝手の良さが評判です。

また、上級車種の条件のようなものでしたが既存の上級国産車でみかけることはあまりありません。
国産車で手軽に欧州車スタンダードを体感できるという点はオーナーとして車を楽しむポイントの一つになるでしょう。

 

お買い得度

同モデルのガソリンエンジン車なら170万円台で新車が購入できますので非常に手頃です。しかし、オススメはディーゼルエンジンのXDです。298万円〜とガソリンエンジンモデルに比べて100万円以上の差がありますが、ディーゼルエンジンならではの燃料代の安さを考えれば、長期の維持を考えた場合にお買い得と言えるでしょう。

新搭載のオプションは?

今回のモデルチェンジにより備わった特徴的なオプションが「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」です。エンジンをかけると自動的に運転席のメーターフードからせり上がり、エンジンを止めると自動的に格納されます。ディスプレイ上には運転時の速度や警告情報はもちろん、カーナビと連携して進路も表示します。しかもドライバーの焦点が前方1.5mに結ばれた時に情報が閲覧できるようになっており、運転中の遠近の視点変更も最小限に設定されています。運転の集中を極力切らさない配慮がなされているのです。

アクセラスポーツのライバルは?

アクセラスポーツ最大のライバルはスバル・インプレッサスポーツです。価格面で比較すればインプレッサは最高グレードモデルでも235万円で、アクセラスポーツ最高グレードのXDと比較すると、その差は60万円以上となります。しかし、安全性能や「マツダ コネクト」による情報機能に加え、ディーゼルエンジンならではの燃料代の安さを考えれば、アクセラに軍配が上がるでしょう。

走りに見合う安全性能は?

「スポーツ」を名前に掲げているので、もちろん走行性能の高さに重きが置かれています。
しかし、それに見合う安全装備が備えられています。
15km/h以上の走行時に後方からの接近車両がいる場合、安全な車間距離が取れない状況では車線変更中断を促す「リア・ビークル・モニタリングシステム」がほぼ全グレードに標準装備されています。
さらにXDには夜間の対向車のドライバーの視界を守るためにハイビームライトの明るさを自動調整する「ハイ・ビーム・コントロールシステム」に加え、複数車線の道路走行中に車線から外れた場合に警告音を自動発生させる「車線逸脱警報システム」も標準装備されるのです。
他にも車間距離を自動調整するクルーズコントロール、衝突を回避するためのオートブレーキ機能も装備されています。

 


ページ作成日:2013/12/02 16:51:02


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。