トヨタ・オーリスの値引きと評判・評価まとめ

トヨタ・オーリスの評判・スぺック

トヨタ・オーリス 150X S Package(2012.8〜)
オーリス 評判と値引き

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>オーリスを40万円安く購入するテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

15万円

14.4km/L

50%

198万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

1797

FF

CVT

4275×1760×1460

トヨタ・オーリスの値引き

オーリスの値引きの相場はいくらですか?

オーリスの値引き額は、シャア専用モデルを除けば15万円程度です。
(シャア専用モデルはほとんど値引がされないようです)

 

>>値引き以外で新車を安く購入するには?

頑張れば、どれぐらい値引きを引き出せますか?

はっきり言って、ディーラーから15万円以上の値引きをしてもらうのは困難です。

 

オーリスの値引で王道となりそうなものを、全て試してみたことがあります。

  • 他車の競合車種と迷っていると話す

    (オーリスの場合は、インプレッサスポーツアクセラスポーツ

  • ディーラーの決算月に合わせて交渉する
  • SRSエアバッグなどのオプション装備をサービスしてもらう

 

しかし、数店舗ハシゴして値引き額の比較交渉もやってみましたが、ほとんど値引をしてもらうことができませんでした。

 

実はトヨタ車は、車種ごとに厳しい値引きの上限があるのだそうです。
利益が出るよう計算された金額なので、それ以上の値引きはムリだそうです。

 

その為、ディーラーからの値引きを引き出すのは無理ですが、
オーリスを40万円安く購入する方法ならあります。

オーリスの乗り出し価格はいくらですか?

オーリス 150X S Packageの乗り出し価格

  • 本体価格:198万円
  • 登録諸費用:6.4万円
  • リサイクル料金:1.2万円
  • 自動車税:1.2万円
  • 自動車取得税:8.5万円
  • 自動車重量税:2.3万円
  • 自賠責保険料:4.0万円
  • 減税:-5.4万円
  • 値引き:-15万円
  • --------------------------

  • 合計:201万円

 

ただし、これはオプション無しの価格です。
メーカーオプションであるスマートストップが54,600円ですがエコカー減税が50%から75%減税になり、優遇額も26,850円アップします。
2万円弱でアイドリングストップ機能が装着されると、カタログ燃費が14.4km/Lから19.2km/Lへと向上するので、見逃せないオプションです。
>>オーリスの乗り出し価格を下げるためには

 

オーリスの特長

オーリスの特長を教えて下さい
走行性能

ギア比を低く設定したことで、アクセルを軽く踏み込むだけでもエンジンが反応します。早いレスポンスを好む、走り重視の人にとっては快適な加速を実感できるでしょう。

 

車内居住性

1.5L車には、アイドリングストップ機能が標準装備されています。これにより「平成27年度燃費基準」に10%プラスの燃費効率となっています。アイドリングストップ機能が備わるとカタログ燃費も19.2km/Lに向上します。3ナンバー車としての燃費性能としては高いレベルになるでしょう。

 

経済性

後部座席が6対4の可倒式となっており、ラゲッジスペースは354Lあります。ゴルフバッグを2個分、余裕で収納できます。デッキサイドの上部まで積み荷による傷防止のためにカーペット素材で覆われています。日常使いはもちろん、荷物を積んだ小旅行にも適しています。

 

使い勝手

ハッチバックの車種としては余裕のある2,600mmのホイールベースとなっており、後部座席のニースペースもゆとりがあります。さらに後部座席のセンターアームレストにはドリンクホルダーが装備されており、家族連れや友達連れのドライブも快適です。

 

装備充実度

スポーティーさを追求しているSパッケージはホイールにアルミを採用しています。そのため足回りの負担が少なくなり、軽快なハンドリングが可能になっています。さらにカローラ系の流れも引き継ぎ、ステアリングにシフトノブには本革が巻かれていて高級感もあります。

 

お買い得度

実燃費平均12km/Lという燃費性能に加え、傷防止も備わったラゲッジスペースで実用性は高いと言えるでしょう。その上で「走り」の楽しさを求める欲張りな人にとってはお買い得な1台です。

人気のグレードは?

オーリスには2WD/4WD、1.5L/1.8L合わせて約10種類のグレードが存在します。この中で一番のオススメは「150X S Package」です。アルミホイールに加えてアイドリングストップ機能が標準装備されており、燃費性能が高いため維持費が安くなります。さらにディーラーとの交渉次第では新車乗り出し価格が200万円を切る可能性もあるからです。

オススメのオプションは?

オーリスならではのオプションでお勧めできるのは、10万円(税別)でつけることのできる「パノラマルーフ」です。電動なのはもちろんですが「挟みこみ防止機能」もついているので、安全性も備わっています。オーリスは車高が低いのですが、このオプションにより頭上の開放感とインテリアの高級感が高まります。

先代からの特徴的な変更部分は?

一番の違いは「55mm」低くなった全高です。1460mmに抑えられたことで低重心になり、走行性能が向上しています。さらに空気抵抗も低くなっているため燃費性能も合わせて高まっています。よりスポーツ志向が強まったと言えるでしょう。

一番のライバルは?

オーリスにとって一番の競合車と言えるのが、マツダのアクセラスポーツです。鋭角的でスポーティーな外観で、ひと目でライバルだとわかります。アクセラには低燃費エンジンとして話題の「スカイアクティブテクノロジー」が搭載されていますが実燃費の性能差はほとんどありません。オーリスがアクセラを上回るポイントとしては走りのこだわりを感じるコクピットです。革張りのステアリングにシフトノブ、さらに3眼式のメーターが運転へのモチベーションを高めてくれます。

 


ページ作成日:2013/11/25 18:54:25


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。