2013年新型エクストレイルの値引きと評価・評判

日産・新型エクストレイルの評価とスペック

日産・エクストレイル 20X・エマージェンシーブレーキ パッケージ(2013.12〜)
新型エクストレイル 価格

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>エクストレイルを40万円安く買うテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

10万円

16.4km/L

75%

232.7万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

1997

FF

CVT

4640×1820×1715

新型エクストレイルの値引き情報

2013年12月まで発売の旧型エクストレイルの値引き情報はこちらです。
評価やスペック、エコカー減税も詳細に掲載。

新型エクストレイルの値引きの相場は?

一般的に日産・エクストレイルの値引き額は10万円が程度ではないでしょうか。

決算期や地方、グレードによって値引き額は異なってきますが大方この価格が値引きの目標となります。

頑張れば、どれぐらい値引きを引き出せますか?

エクストレイルの値引きは頑張っても10万円以上は難しいでしょう。

 

エクストレイルの値引きを引っ張るために、

などネットや車雑誌に書かれている方法を試しましたが、正直効果はほとんどありませんでした。

 

ディーラー勤務の友人にそのことを話したら軽く笑った後にそのカラクリを教えてもらいました。友人曰く、値引き額というのは車種ごとに決まっておりそれ以上の値引きを引き出すことはできないんだそうです。値引き額は損益分岐ラインを計算して決められているので、10万円以上の値引きを引き出すことは時間の無駄です。

 

その代わりに値引きではなく下取りを工夫する方法があります。
これなら値引きと併せて新車のエクストレイルを50万円安く購入できるかもしれません。


>>エクストレイルを新車で40万円安く購入する方法

エクストレイルの乗り出し価格はいくらですか?

エクストレイル 20X・エマージェンシーブレーキ パッケージの乗り出し価格

  • 本体価格:232.7万円
  • 登録諸費用:4.8万円
  • 自動車税:1万円
  • 自動車取得税:10万円
  • 自動車重量税:2.3万円
  • 自賠責保険料:4.0万円
  • リサイクル料金:1.1万円
  • 減税総額:-11.8万円
  • 値引き:-10万円

    --------------------------

  • 合計:234.1万円

 

ただし、これはオプション無しの価格です。
「リモコンオートバックドア(ハンズフリー機能・挟み込み防止機能付き)」が
5万円でオプション追加できます。
インテリジェントキーを持っていれば自動的にバックドアが開きますので、
両手に荷物を持った状態での積み込みが可能になります。
>>エクストレイルの乗り出し価格を下げるためには

 

新型エクストレイルの特長

エクストレイルの特長は?

走行性能

車輪の速度を計測し、車体の上下の動きを推測して車両制御をする「アクティブ・ライド・コントロール」に加え、減速時のエンジンブレーキ使用時にドライバーがブレーキ操作を行わずとも自動で減速調整をおこなう「アクティブ・エンジン・ブレーキ」という2つの世界初のシステムを搭載しています。

 

これにより悪路での走行や、ワインディング時のストレスを軽減すると共に安全面も向上しています。

 

車内居住性

エクストレイル 室内居住性

室内空間は先代から全長で5mm、全幅で85mm、全高で5mmと広がりを持たせています。
その上で二列目シートの膝スペースが90mm広がっているので、後部座席の搭乗者もゆとりを持って座ることが出来ます。
スノースポーツやマリンスポーツなどで冷えた体を温めるための「クイックコンフォートヒーター付きシート」もオプションで装備できるので、快適な移動空間を実現しています。

 

経済性

「エンジン進化型エコカー」として、カタログ燃費16.4km/L(2WD)・16.0km/L(4WD)を実現しています。
先代モデルが10.6km/L〜14.2km/Lですので、燃費性能は確実に向上しています。
ライバルであるスバル・フォレスターの15.2km/Lを上回り、クラストップレベルのコストパフォーマンスと言えるでしょう。

 

使い勝手

エクストレイル トランク

先代から引き継がれている防水加工の施されたラゲッジルームに改良が加えられ、上下収納だけでなく3つの収納エリアを作り出す「3段収納モード」を実現しています。

さらに積み込めるものの幅が広がりました。
また、視界や路面の状態が悪い場所の駐車時に自動的にステアリング操作をサポートする「自動操縦パーキングアシスト」も装備されています。

 

装備充実度

悪路走行についての安全面や制御面の配慮だけにとどまらない特徴的な装備が「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」です。
路面状況により前輪および後輪のトルク配分を自動制御する「4×4-i」の状況表示だけでなく、走行状況やシャシー制御状況も視覚的に一瞬で確認できる配慮がされています。

 

お買い得度

エクストレイル 悪路走行

完全防水加工により、マリンスポーツもスノースポーツも対応する車内に加え、雪道や凹凸の激しい山道でも走破性と安全性を確保する新技術の搭載が目を惹きます。

しかしそれ以上に16.4km/Lと先代よりも4km/l以上高められた燃費効率を考えれば、維持費を考えてもお買い得と言えるでしょう。

エクストレイルの象徴的な特長は?

エクストレイル トランク

エクストレイルといえば「完全防水のウォッシャブルラゲッジ」です。

単なるラゲッジではなく「使い倒せるガレージ」とメーカーが示すほどの収納力はさらに進化しています。
先代よりもラゲッジルーム自体が85mm広がっているだけでなく、荷室を自由に区切ることができる「防水ラゲッジボード」を新たに装備しました。
しかも軽量素材で作られているので、女性でも片手で使うことができます。
屋外でアクティブに活動したい人にとって、さらに使い勝手が高められています。

安全面の追加オプションは?

標準グレードでも十分すぎるほどの安全装備が施されていますが、さらにグレードによっては追加装備があります。
走行中に追突事故になりそうな時に緊急ブレーキを作動させる「エマージェンシーブレーキ」、
追い越し時などとは別に走行車線を外れた時に警告する「車線逸脱警報」、
アクセルとブレーキを万が一踏み間違えた時に自動でエンジンやブレーキをコントロールする「踏み間違い衝突防止アシスト」、
進入禁止の標識を自動感知して警告する「進入禁止標識検知機能」、
これらが標準装備されます。

 

さらにオプションで死角に入った後方車両を教えてくれる「後側方車両検知警報」、
発信前に周囲で横切るものが無いかを検知する「移動物検知機能」、
ハンドル操作の異常を知らせる「ふらつき警報」も用意されています。

 


ページ作成日:2013/12/13 11:40:13


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。