スバルXVハイブリッドの値引き額と燃費、ライバル車比較

スバルXVハイブリッドの評価・スペック

スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(2013.6〜)

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>スバルXV・HVを40万円安く購入するテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

8万円

20.0km/L

100%(免税)

278万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

1995

4WD

CVT

4450×1780×1550

>>スバルXV HVの値引き情報はこちら

 

スバルXVハイブリッドの値引き

スバルXVハイブリッドの値引き額は?

本体価格からの値引きは最大で8万円程度でしょう。

 

以前からスバルに乗っているという人が懇意にしているディーラーで
交渉の末8万円だったので、理論上の最大値引きが8万円と言えるでしょう。

 

そもそも基本的にハイブリッドに値引きはないそうで、
この10万円というのはハードルが高いですが、しばらくはそこを目標にしていきましょう。

スバルXVハイブリッド 値引き

スバルXVハイブリッドの値引きを引き出す・安く購入する方法は?

最大の値引きを引き出す方法

最大限引き出す一番の方法は、ライバル車種との比較です。

 

通常、「セダンが欲しい」という客が自分の店に来たら、
ライバルメーカーのセダンに取られないようディーラーは良いところをアピールします。
そのアピールするツールの1つが値引きという方法であって、
交渉が終盤に差し掛かるとこの値引きが大きくなっていきます。
この「取られないよう」が重要で、
ライバル車種と迷っている所をしっかり伝えることで、
値引きを引き出すことが可能になります。

 

ただ、残念ながらスバルXVハイブリッドは
同車格の現行SUVで初のハイブリッドということで、
スバルXVハイブリッドに直接的なライバルはいません。
あえて比較するのであればディーゼルエンジンを搭載した「マツダCX-5」となりますが、
燃費性能が違いますし、あまり効果的な比較にはならないでしょう。
また、人気車種の新型ハイブリッドなので、注目度も高いです。
当分は値引きは大きくならないと考え良いでしょう。

 

乗り出し価格を抑えて安く購入する方法

値引き以外の方法で乗り出し価格を抑えるには、
今乗っている車を一番高く下取りしてもらうということが重要です。

 

車を乗り換える際、通常はディーラーの下取り額を新車購入額に還元させますが、
基本的にその方法では損している可能性が高いのです。
大抵の場合、下取り車は下取り額以上の価値を持っています。

 

下取り車の価値を最大限に評価して貰う方法があるので、利用してみてください。
>>下取り額をあと40万円上げる方法

スバルXVハイブリッド 値引き

 

スバルXVハイブリッドの特長

スバルXVハイブリッドの燃費性能は?

カタログ燃費は、20.0km/Lです。
現行SUVでは最も高い数字で、ハイブリッドのメリットを生かした性能となっています。

 

ただしスバル初のハイブリッドという点が少し気になります。
ホンダ初めてのハイブリッドのインサイトは成功したとは言えない車でした。
スバルはトヨタと資本提携を結んでいるため技術提供はあったと思いますが、
どの程度までハイブリッドの質が高いかはこれからウォッチしていく必要があります。

スバルXVハイブリッドの売れ行きとターゲットは?

発売後2週間で月間目標の10倍の販売数を達成した超人気車です。
このペースで販売すると月間では本体価格125万円〜の日産・ノートよりも
販売台数では上回ることになります。
近頃ではプリクラッシュシステムが多くのメーカーで搭載されていますが
スバルのアイサイトは安価かつ高性能で有名で、
このスバルXVでもアイサイト搭載グレードが販売の90%以上を占めています。

 

購入者は60代が多く、50代も含めると全体の6割近くにもなります。
SUVというとデザイン的に若者ウケして、50代以上になるとセダン性向が強くなる
というイメージを持っていたのですがこれは意外でした。

 

しかし車重があり安定性も高い、
そして着座位置が高いのでプリウスよりも乗降性も良いという事を考えると納得できます。
またSUVでも車内の質感は高め。
こちらもラグジュアリー志向の高い人たちに訴求できるポイントです。

スバルXVハイブリッドの納期と乗り出し価格は?

XVハイブリッドの納期

XVハイブリッドは発売開始前から人気で予約の数も多いです。
生産台数が非常に少なく、年間3800台だそうで
年内の納車は遅くとも7月半ばまでの予約が必要とのことです。
(※ちなみに、ライバルのCX-5は月間3000台程度です。
このままでは新型の勢いが衰えた時、
ライバル車にシェア食われるのではないかと思いますが・・・)

 

乗り出し価格

XVハイブリッドの乗り出し価格は一番人気とされる2.0i-Lアイサイトで、
車両本体価格:278万円
メーカーOP+ディーラーOP:37.9万円
(ナビ、サイドエアバッグ、フロアマット等)
自動車取得税:0万円
自動車税(年額):4万円
自動車重量税:0万円
自賠責保険:3.5万円
諸費用他:5万円
リサイクル料金1.2万円
値引き(最大):8万円
------
合計:321.6万円
となります。

 

ガソリンエンジンモデルのスバルXVが同じグレードで値引き含め294.7万円なので、
ガソリン車に比べてハイブリッド車が約22万円高ということになりますね。

 

ベース車がインプレッサ( (154万円〜)なので、
「インプレッサごときに320万円は高い」という意見もあるようですが、
走りを追求した4WDに燃費という付加価値をつけたハイブリッドシステムの搭載で
走行性能と燃費性能両方を兼ねそろえたモデルであることを考慮すれば
妥当な値段なのではないかと思います。

スバルXVハイブリッドのグレードと価格は?
  • SUBARU XV HYBRID 2.0i:2,499,000円
  • SUBARU XV HYBRID 2.0i-L:2,677,500円
  • SUBARU XV HYBRID 2.0i-L EyeSight:2,782,500円

となっています。
全て2.0Lエンジン+モーターで、装備のみの違いとなっています。
外見はグレードを見比べても違いがわからないので、その点は良心的な配慮です。

 


ページ作成日:2013/06/25 10:15:25


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。