新型クラウンロイヤルハイブリッドの値引きと格安購入情報

クラウンロイヤルハイブリッドの評価・スペック

トヨタ・クラウンロイヤルハイブリッド ロイヤルサルーン(2012.12〜)

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>クラウンロイヤルHVを40万円安く購入するテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

25万円

23.2km/L

100%(免税)

469万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

2493

FR

CVT

4895×1800×1460

>>クラウンロイヤルの値引き情報

クラウンロイヤルハイブリッドの値引き情報

クラウンロイヤルハイブリッドの値引きの予想はどれくらいですか?

値引きは相場が25万円だそうです。
時期、場所、タイミングによって前後はしますが平均的にはこれくらいの金額です。

 

兄弟車であるクラウンアスリートハイブリッドの値引き額も同じ程度です。

乗り出し価格はいくらですか?

ミドルグレードの「2.5 ロイヤルサルーン」の本体価格が469万円で
オプション込みになると490万円程度となりそこから値引きされて
合計の購入金額は463万円となります。
エコカー減税100%減税適用車のため、23.1万円分の優遇が含まれています。

安く購入する方法は?

旧モデルから価格改定されてハイブリッドモデルでもだいぶ値段は下がりましたが、
それでもこの価格は高いなと感じる人は多いはずです。
クラウンなので値段が張るのは当然ですが、安いに越したことはありませんよね。

 

安く購入するためにはもちろん値引きを最大限に引き出すという事は大切です。
しかしうまくいっても10万円程度の値引きです。
クラウンの本体価格からすれば効果は薄いと言って良いでしょう。

 

ではそれ以上に安く購入するにはどうするか。
効果が高いと思われるのが下取り車を最も高い値段で売る事です。

 

とはいっても車買い取り業者なんて無数にありますし
どこが最も高く買い取ってくれるかなんて分かりません。
しかし見つかる可能性を高める方法ならあります。
しかも値引き交渉のように難しくなく、簡単な方法です。

 

うまくいけば数十万円得する事もあります!

新型クラウンロイヤル ハイブリッド

新型クラウンロイヤル ハイブリッド

 

 

クラウンロイヤルハイブリッドの特徴

クラウンロイヤルハイブリッドにエアロパーツは用意されていますか?

リアスポイラーがメーカーオプションで販売されています。

新型クラウンロイヤル ハイブリッド

全体的にゆったりとしたデザインのクラウンロイヤルですが、
リアスポイラーを装着するだけで引き締まった印象を受けます。

 

また、サイドやリアガーニッシュを装着するとさらにスポーティになります。

クラウンロイヤルハイブリッドの特徴は?

日本を代表する正統派セダンがトヨタ・クラウンです。初代モデルは1955年にデビューしました。2012年12月に登場した現行モデルは14代目にあたります。
クラウンといえば6気筒エンジンをフロントに搭載し後輪を駆動する高級で保守本流なFRセダンの代表です。

 

このクラウンにハイブリッド車が加わったのは、2001年の11代目のS17型クラウン・ロイヤルでした。
ただし、クラウン初となるハイブリッドは、プリウスのような本格的なモデルではなく、簡易追加型のハイブリッドシステムと呼ぶべきものでした。トヨタもこのハイブリッドのシステムを“マイルド・ハイブリッド・システム”と呼んでいたのです。

 

クラウンの本格的なハイブリッド・モデルは、2009年に登場するS20型まで待つことになります。クラウンのひとつのグレードとしての「ハイブリッド」でした。パワーユニットは3.5リッターV6ガソリンエンジン(296ps)をモーター(200ps)がアシスト、S20型で最大のパワーを得たクラウンでした。

 

2012年に発表となった標題の現行クラウン・ロイヤル・ハイブリッドはアスリート・ハイブリッドと同じシステムが搭載されています。
パワーユニットを構成する一方のガソリンエンジンの出力/トルクは178ps/22,5kg.m、電機モーターは143ps/30.6kg.mです。この数値は先代クラウン・ハイブリッドの数値には及ばないものの、同世代アスリートの3.5リッターモデルに匹敵するパワーと圧倒するトルクがあるのです。ロイヤルシリーズに3.5リッターモデルがないので、事実上ハイブリッド・ロイヤルサルーンGがロイヤル系の最速で最上級モデル(車両本体価格536万円)となるわけです。

 

トヨタがクラウンをロイヤルとアスリートに分けた理由は、個人ユーザーの減少を防ぐためでした。1999年のカタログにアスリートがカタログモデルとして独立するまで、クラウン(ロイヤルしか存在しなかった)は法人需要のショーファー・ドリブン車として比較的低廉なモデルが販売の主流になっていたのです。内装やシートのセッティングも後席を重視したアレンジがなされたグレードが販売の中心でした。
しかし、2001年に“取り敢えず”追加した「マイルド・ハイブリッド」が、「環境意識が高いのだと思われたい」企業の役員車や「環境省・国交省」などの中央官庁の公用車として引き合いが数多くあったのです。
今回、S20型でロイヤルには高価な3.5リッター車(3.5アスリートGは575万円)を設定しなかった。ただし高価でもハイブリッド車をカタログに載せた意味は、この“法人需要&公用車需要”に応えた結果なのです。

 

 


ページ作成日:2013/04/05 19:10:05


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。