スバルXVの値引き情報Q&A

スバルXVのスペック・評価

スバルXV 2.0i-L EyeSight(2013.11〜)

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>スバルXVを40万円安く購入するテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

7万円

15.8km/L

50%

248万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

1,995

4WD

CVT

4,450×1,780×1,550

 

スバルXVの値引き情報

スバルXVの値引きの相場はどれくらいですか?

一般的には7万円程度です。
(地域や業者によって異なります)

 

なんといっても発売開始が2012年10月でまだまだ日が浅いのと、
発売を開始してから人気が高くディーラーは値引きの必要性がそこまで高くないので
値引き額は相当渋いと思います。

 

値引き以外で安く購入する方法

スバルXVを値引き以外で安く購入する方法はありますか?

スバルXVは発売開始から日が浅く、人気も高いので値引きに期待はできません。

 

値引き以外の方法だと、「下取り先の工夫」という方法があります。この方法が意外に効果的で、うまくいけば40万円安く車を購入できる方法にもなります。

 

車を乗り換える場合、普通は今乗っている車をディーラーで下取りに出してその下取り額分を購入価格から引きますよね。しかし実際のところディーラーでの下取り額は低めに設定されることが多いのです。
しかし中古車買取業者は、個々に広い販路を持つので高く買い取ってくれることが多々あります。私がディーラー下取りと業者買取りで比較をしたところ以下の表のようになりました。
スバルXV 値引き

 

これだけ違ったら下取り先変えてみようかなと思いますよね。
もちろん業者によって買取り額は様々なので、この方法を使うときは「買い取り価格の高い業者」を探してくれるサービスが便利です。

 

スバルXVの特長

スバルXVのオススメグレードは?

2.0i-L アイサイトです。

 

最上位モデルで装備が充実しています。
なによりスバル車ならアイサイトは必ず装着したいところです。
アイサイトは前方との車間を監視して
障害物に接近しすぎたときに自動でブレーキがかかることは知られていることですが、
この機能は運転の負担軽減にも利用されていて
高速走行時に前方車両との車間を監視し、
自動で加減速しながら追従する機能は
長距離走行時の負担軽減につながり非常に便利な機能です。

スバルXVの乗り出し価格はいくらくらいですか?

2.0i-L アイサイトで260万円程度でしょう。

 

もともと本体価格にオプションなどを加えると総額は300万円弱になりますが、
エコカー減税50%減税による優遇や、少ないですが値引き額などで
260万円程度になるでしょう。

スバルXVの特長は?

2012年9月に冨士重工業が発表・発売した新型のクロスオーバーSUVです。発表時の冨士重工業・広報資料には「新型インプレッサXV」とされていましたが、現在のスバル公式HPでは「SUBARU XV」という名称です。

 

クルマを見れば一目瞭然、インプレッサ・スポーツをベースにしてクロスオーバーSUVに仕立てたモデルがXVです。
XVの名前の由来は、X(Crossover)V(Vehicle)で、スバルによれば開発コンセプトは「アーバン・アドベンチャー」だそうです。つまり、都会派のSUVがXVだということでしょうね。
XVとインプレッサ・スポーツの外観上の相違点は、大型の前後バンパー、高い車高、フェンダーアーチに装備するクラッディング(黒い樹脂製のフェンダーアーチモール)、大径タイヤ&アルミホイール、ルーフレール(オプション)などです。実際のボディサイズはスポーツよりも35mm長く、40mm広く、75mm高い4450×1780×1550mmです。

 

この新型XVのスバル車ラインアップでのポジションは、背が高い本格派SUVになった初代&2代目フォレスターが培ってきたセグメントを担うことです。つまり、都会で扱いやすいスマートなデザインと、悪路でもタフな走行が可能な性能の両立です。専用のアンダーカバーや空力特性の高いマッドガード、エアフラップなどを備えてオンオフ両路面での走行性能を高めています。

 

また、最低地上高は200mmと本格派SUVと同等の高さを確保しながら、車高は1550mmと都市部で多い機械式立体駐車場に入庫できる高さに抑えました。
パワートレーンはインプレッサとまったく同一ですが、テンロク(1.6リッター)モデルはラインアップしていません。2リッター水平対向DOHCエンジン(150ps/20kg.m)専用車です。トランスミッションもインプレッサと共通のCVTリニアトロニックを搭載しています。
もちろん駆動方式はスバル独自の水平対向エンジン+4WDのシンメトリカル4WDシステムです。SUV化しても燃費はインプレッサ・スポーツと同一の15.8km/リットル(JC08モード)を得ています。

 

大人な本革内装がオプションで選べることや、VDC(ビークルダイナミクスコントロール:横滑り防止装置)や追突を未然に防止するプリクラッシュセーフティシステム「EyeSight(Ver.2)」など多彩で充実した安全&快適装備もインプレッサ・スポーツに準じています。

 


ページ作成日:2012/12/14 17:15:14


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。