新型ワゴンRスティングレーの値引き情報と格安購入情報

ワゴンRスティングレーのスペック・評価

スズキ・ワゴンRスティングレー X(2013.7〜)

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>スティングレーを40万円安く購入するテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

8万円

30.0km/L

100%(免税)

134.4万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

658

FF

CTV

3395×1475×1660

新型ワゴンRスティングレーの値引き情報

新型ワゴンRスティングレーの値引きの相場はどれくらいですか?

一般的には8万円程度です。
(地域や業者によって異なります)

 

軽自動車の中でも安定的に販売できる車種であることや、
そもそもの本体価格が低いので値引き額は渋めです。

ワゴンRスティングレー 安く

ワゴンRスティングレーの購入金額相場はいくらくらいですか?

ターボモデル「T」(2WD、レーダーブレーキなし)の場合、

  • 車両本体価格:134.4万円
  • 自動車税:0万円
  • 自動車取得税:0万円
  • 自動車重量税:0万円
  • 自賠責保険料:3.8万円
  • リサイクル料金:0.9万円
  • 登録諸費用:4.7万円
  • 値引き:-8万円
  • -------------------
    合計(乗り出し価格):138.8万円

です。
ここから更にオプションが加わります。

 

軽自動車の中では高額な部類に入る値段ですが、
ターボエンジンで余裕のある動力性能、、
アルミホイールや部分メッキ、スポイラーなどで色づけされたクールな外観が
他の軽自動車や同一価格帯の一般車と比べて勝っています。
軽自動車なので維持費も安いことからお勧めできる車です。

ワゴンRスティングレーを値引き以外の方法で安く購入することはできますか?

車を安く購入する方法のひとつが値引きですが、
ワゴンRスティングレーのように販売開始から日が浅い車は値引き額が少ないことが多く、
決定的に安く購入する方法とはなりません。

 

もうひとつ安く購入する方法が今乗っている車を高く売るという方法です。
車を乗り換えるときは、乗っていた車をディーラーに下取りに出すのが一般的ですが
下取りに出すのではなく、最も高く買ってくれる業者に売ることができれば
結果的に手元に入るお金が増えて安く新車を買えることになります。

 

その際、最も高く買い取ってくれる業者を探すサービスを使うと便利です。
私はそのサービスを使って40万円安く新車を購入することができました。

新型ワゴンRスティングレー 値引き

 

ワゴンRスティングレーのマイナーチェンジ情報

マイナーチェンジ前後の違いは?
燃費

一番の違いは燃費性能です。
エンジン効率の向上や空気抵抗の低減を実現させて、
燃費を28.8km/Lから30.0km/Lに向上。

 

この数字はコンパクト軽自動車の「ミライース」や「アルトエコ」と同じ数字で、
トールワゴンタイプではトップの性能です。

 

参考:ライバル車との比較

ワゴンRスティングレー

ムーブカスタム N ONE プレミアム eKカスタム

ワゴンrスティングレー 燃費比較

 

ムーブカスタム 燃費比較

 

n one 燃費比較

 

ekカスタム 燃費比較

 

値段:134.4〜161.4万円

価格:130.0〜160.1万円

価格:136.0〜165.0万円

価格:126.9〜143.0万円

燃費:30.0km/L

燃費:29.0km/L

燃費:27.0km/L

燃費:29.2km/L

 

レーダーブレーキサポート

レーダーブレーキサポートという、危険時の事故回避・被害軽減システムを
メーカーオプションで搭載が可能になりました。
価格は全車4.2万円。価格の割に効果の高い装備かと思います。

レーダーブレーキサポート ワゴンR

 

ダイハツの一部の車両にも搭載されていますが、軽自動車では未だに珍しい装備です。

 

ワゴンRスティングレーの特長

ワゴンRにエアロパーツなどは用意されていますか?

サイドスカートやフロント・リヤスポイラーが購入段階で装着されているので
スズキ純正のスポイラーなどはオプション販売されていません。
スズキ純正オプションはランプガーニッシュ、ドアミラーカバーなど
細かい部分でのオプションが多いようです。

 

スズキ以外の他社からは多くのパーツが販売されていて、
自分の好きな外見にドレスアップが可能です。

ワゴンRスティングレーの詳細情報は?

スズキ・ワゴンRは1993年にスズキがリリースした非常に斬新な軽自動車でした。今ではトールワゴンと呼んでいて軽自動車格メーカーの定番スタイルで主戦場となっています。要するに全長×全幅が規制された軽自動車枠のなかで乗員スペースを確保するために全高を高くしたクルマでした。言ってみれば、ワンボックス軽は荷(貨)物用のクルマの臭いがするけれど、「道具感と乗用車気分を旨く表現」したトールワゴンが比較的若い男性ユーザーにアピールして、初代ワゴンRは大ヒット作になりました。

 

そのワゴンRもこの20年で熟成進歩を繰り返し、各メーカーが同じようなトールワゴン作り、さらにはオジサンやオバサンまでワゴンRのステアリングを握るようになりました。
「こりゃマズイ」とスズキの商品企画や経営陣は思ったのかも知れません。「そうだ、若者向けにスポーティなイメージにしよう」と出来上がったのがスティングレーです。3代目のワゴンRに追加されたグレードでした。

 

スティングレーという名前を聞くと60歳代以上の「あっ、あのシボレー“コルベット”スティングレー!」と思うオジサン(やオバサン)が手を出さないと思ったのかも知れません。
2012年にフルモデルチェンジしたワゴンRにもスティングレーは存在します。普通のワゴンRは、ややファニーフェイスながらグッドデザイン賞を受賞するなど、高張力鋼板やハイテン鋼を多用し独特な面を作り上げたスタイリングは発表当初から評価されていました。
一方のスティングレーは直線を基調したイメージのサイドライン、大きく口を開けたグリル、ツリ目のヘッドランプでやや強面、ちょっとワルそうなイメージを伝えてきます。
この新型の中身は外観から想像できないほど極めて真面目に設計されています。先に述べた高価な高張力鋼板やハイテン鋼の導入で大幅な軽量化に成功、同時に採用する「ENE-CHARGE」や「ECO-COOL」などの低燃費化技術を総称した「スズキ・グリーンテクノロジー」が全面的に投入されています。この「スズキ・グリーンテクノロジー」は、同年の「RJCテクノロジー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

 

スティングレーだけの特別な装備はスタイルのほかにエンジンが挙げられます。普通のワゴンRには搭載していない10馬力アップのターボエンジンがあるのです。

 

中古ワゴンRスティングレー

ワゴンRスティングレーの中古車は買い時?

ワゴンRは新車販売でも非常に人気が高いですが、大手中古車サイトの「本気で欲しい車ランキング」でも常に上位に立つ人気ぶりで関心は非常に高い車種です。

 

中古車というと決められた中から選ぶので本当に自分が欲しいと思う車を見つけられないことも多いですが、ワゴンRはそもそも数が多いので選択肢が豊富にあるのもいいですね。
人気なので中古車販売業者も価格競争があり、普段あまりない中古車の値引きもあったりとなにかとお得な車種です。

ワゴンRを売るタイミングは?

上記のとおり人気車ゆえに売るタイミングとしてはいつでも大丈夫ではあると思います。ただし、手放そうと考えている車両があるのであればなるべく早くがいいです。
感覚的には、1年で10万円売却値が下がると考えてください。1か月で1万円弱価格が下がると考えたら、なるべく早く売った方が良いというのはわかると思います。
自分の中古ワゴンRの査定額相場がいくらか気になる方はまずは業者から見積もりをとることをおすすめします。

 


ページ作成日:2013/04/25 17:02:25


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。