メルセデス・ベンツEクラスの燃費と乗り出し価格、値引き

新型メルセデス・ベンツEクラスの評価・スペック

新型メルセデス・ベンツEクラス E250(2013.5〜)

走行性
経済性
使い勝手
車内居住性
装備充実度
お買い得度

>>ベンツEクラスを新車で40万円安く購入するテク

予想値引き額

燃費 エコカー減税 価格

10万円

15.5km/L

100%(免税)

595万円

総排気量(cc)

駆動方式

トランスミッション 全長×全幅×全高(mm)

1,991

FR

7AT

4,880×1,855×1,470

新型メルセデス・ベンツEクラスの値引き情報

メルセデスベンツEクラスの値引きの相場はどれくらいですか?

本体価格からの値引き額は、10万円程度です。
(地域や業者によって異なります)

 

発売から1ヶ月半で、売れ行きはそこそこ。
やはり人気は高く、値引きもしばらくは渋いでしょう。
新型メルセデスベンツEクラスを安く購入したい方は、この方法で購入額を下げましょう。

 

購入総額(乗り出し価格)は、ベースとなるE250で

  • 本体価格:595万円
  • 自動車取得税:0万円(エコカー減税100%減税)
  • 自動車税:約4万円
  • 自動車重量税:0万円(エコカー減税100%減税)
  • 自賠責:約3.5万円
  • 諸費用:約5.5万円

合計:608万円
この額が最低限で購入できる額です。
ここからオプションを加えていくので、通常はここから30万円ほど高くなります。

新型Eクラス 値引き

新型メルセデスベンツEクラスを更に安く購入する方法は?
販売店を選ぶ

比較的ヤナセよりもシュテルンの方が値引き額は大きいと言われています。
あくまで傾向なので、いくつかのディーラーで見積もりを出してもらいそこで比較してみてください。ただ、店舗数は圧倒的にヤナセのほうが多いので、近くにシュテルンが無いという方はこの方法は使えません。

最も高い値段で下取りしてもらう

今乗っているクルマを乗り換えるとき、多くの方がディーラーの下取りで完結していますが、実は中古車買取業者の買取も選択肢に加えることで下取り額は劇的に変化します

 

具体的には、ディーラーの下取りと中古車買取業者の買取額を比較することで買取額は上がります。
というのも中古車買取業者の買取額はほとんどの場合ディーラーの下取り額よりも高いため、それに呼応してディーラーの下取り額が高くなることもあればそのまま中古車買取業者に売る事で売却主は得をするという事もあります。
いずれにしても、中古車買取業者の査定が無いことには比較ができませんので、まずは査定の依頼を行いましょう。

新型Eクラス 値引き

無料、簡単な操作3分で査定依頼は終了します。

 

ライバル車と乗り出し価格を比較

新型Eクラスのサイズは市場で人気が高く、熾烈なシェア争いが行われています。
直接のライバルはBMW5シリーズアウディA4などです。
これらのクルマと迷っている事を担当者に伝えることで、値引きを引き出しやすくなります。
ただし、輸入車は値引きが難しいのでそこまで値引きに期待はできません。
値引きではなく、ポイント2の「最も高い値段で下取りしてもらう」の方法が一番効果的な方法と思います。

 

新型Eクラスの特長

メルセデスベンツEクラスの燃費性能、エコカー減税は?

2.0L4気筒を搭載するE250は15.5km/L、
3.5L6気筒のE300が12.8km/Lです。

 

今回よりハイブリッドモデルがラインナップされ、
このハイブリッドモデルが3.5L6気筒で15.2km/Lです。
昨今の日本車エコカーブームで出てくる新車種の驚くべき数値と比べると、
ハイブリッドで15.2km/Lというのは少し物足りない感じがします。

 

エコカー減税はすべてのグレードで50〜100%の減税措置がとられています。
単純に購入金額が下がることはもちろん良いですが、
やはりエコ意識が強い車であるということが嬉しいですね。

新型Eクラスのグレード構成は?
  • E250
  • E250 AVANTGARDE(アバンギャルド)
  • E300 AVANTGARDE
  • E300 4MATIC AVANTGARDE
  • E350 BlueTEC AVANTGARDE
  • E400 HYBRID AVANTGARDE
  • E550 AVANTGARDE
  • E63 AMG 4MATIC
  • E63 AMG S
  • E63 AMG S 4MATIC

この他、ステーションワゴンやクーペモデル、カブリオレも販売されています。
Eクラス 値引き Eクラス 値引き

メルセデスベンツEクラスでつけておきたいオプションは?

Eクラスの装備は本当に必要なものが既に標準装備されているので、オプションをつけなくても高級車として走れてしまうのがいいですね。
しかし、せっかくメルセデスのEクラスを手に入れるならば少しくらい欲張ってもいいのではないでしょうか?いや、欲張るべきです!
やはり天下のメルセデスベンツ、オプションも充実しています。

 

メルセデスに乗るのであればやはり重視したいのがインテリア。
僕は前後席シートヒーター付きの本革シートのオプションは頑張って出してもよいと思います。
以前、このEクラスに乗っていたことがありますが、その時ディーラーの営業マンにプッシュされ、奮発してこのオプションを付けました。
初めは「口車に乗せられた〜」と後悔していたのですが、メルセデス+本革シートの高級感はたまりませんでした。そして経験したことのある人は分かると思いますが、シートヒーターはもう一度使うと欠かせなくなってしまいました(笑)

 

そんなこともあって、このオプションは是非お勧めしたいオプションです。

 


ページ作成日:2013/07/05 14:44:05


中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。