Aクラス×1シリーズ×A3 欧州CセグメントHBは新型Aクラスを買え!

Aクラス×1シリーズ×A3 欧州CセグメントHBは新型Aクラスを買え!

質問者の現在のクルマ

乗っている車
予算
平均走行距離
2007年式 トヨタ・マークX 250G 320万円 0.7万km/年

>>車を40万円安く購入するには?

主な用途

買い物、ドライブ
平日に乗ることは殆どなく、休日に出かける程度。

希望(こだわりポイント)

  1. 周りからの目線
    →人からうらやましがられる車に乗りたい→ブランド力のあるクルマ
  2. デザイン
    →人を乗せることもあるので、内装の高い質感
    →格好良いエクステリアデザイン(スポーティさ)
  3. ブランド力
    →一般人から見てブランドが高いもの。一般人が街中でおっ、と思ってしまうもの
現在の悩み

メルセデス・ベンツAクラス、BMW1シリーズ、アウディA3の候補でどれを選ぶか迷っている。
どれもエントリーモデルであり、乗っていて恥ずかしいものかオーナー目線で気になる。もっとも世間的な評価が高いモデルはどれか。

 

また、10年乗りたいと考えているが輸入車ということで壊れやすいとも聞く。本当に壊れやすいのか、壊れにくいのはどのメーカーかも併せて教えてほしい。

車選びコンシェルジュの回答

メルセデスベンツ新型Aクラス

新型メルセデスベンツAクラス

新型メルセデス・ベンツAクラスで問題ないと思います。今年、2月に発表となったのが3代目となるこのモデルです。
今回新型にスイッチしたAクラスは、初代、そして2代目と踏襲されたトールスタイルから、全高は150mmも低いハッチバック・スタイルへと生まれ変わりました。スタイルの変更は運転姿勢にも影響を与え、先代のアップライトなポジションから、足スポーティなドライビングポジションへと変わりました。先代までのよじ登る感のあった乗車感覚はありません。

メルセデスの哲学

メルセデス車の特徴はセダンでもミニバン、SUVであっても運転する人のためにすべてが設計されていることです。
新型Aクラスは、一気に若くなったスタイリングがセールスポイントです。ミニバン的なスタイルと決別したスポーティでパーソナルな感覚に溢れたエクステリアは、20歳代のシングルや30歳代の若い夫婦にぴったりなクルマですね。

 

日本に導入しているAクラスは3グレード。A180(284万円)、A180 Sports(335万円)、A250 SPORT(420万円)で、前2車種が1.6リッター、A250が2リッターで共にターボチャージャーで過給しパワー&トルクを稼ぎ出しています。どちらもメルセデスの最新テクノロジーであるBlue DIRECTを搭載した直噴ガソリンエンジンで、前者が122ps/20.4kg.m、後者が211ps/35.7kg.mの出力/トルクを発生しています。
質問者の予算では、A180が購入対象となります。A180のボディサイズは全長×全幅×全高4290×1780×1435mm、車重1430kgです。
A180とA180 Sportsのエンジン、トランスミッションを含むドライブトレーンは共通です。駆動方式はFF。ミッションも両車とも7速オートマティックです。

 

安全装備はまったく同一で、ABS、運転席&助手席エアバッグのほかサイド/ニー/サイドウィンドウ・エアバッグを装備、ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム:横滑り防止装置)はもちろん、タイヤ空気圧警告システムやヒルスタートアシスト機能付きアダプティブブレーキが標準装備となっています。なかでもメルセデスらしい安全装備は衝突時にセンサーが反応して緊急に自動ドアロック解除/エンジン自動カットオフ/ハザードランプ自動点灯/室内灯自動点灯/サイドウィンドウ自動オープンなど乗員救援策を求める自動システムも標準で備わっています。

 

大きな違いはエクステリアです。A180 SportsにはAMGスタイリングパッケージと呼ぶエアロパーツを装備、タイヤ&ホイールはA180の17インチに対して1インチ大径の18インチとなり、フロントブレーキのディスクはAMGスタイルのドリルドディスク(ブレーキを効率よく冷却するための穴あきタイプ)に、そしてサスをスポーツサスペンションに換装、ヘッドライトがキセノンライト(A180はハロゲンランプ)にグレードアップされています。シート地なども微妙に異なりますが、これで51万円のエクストラチャージとなります。
そこでA180を購入して幾つかのパッケージオプションを追加することをお勧めします。選択すべきパッケージオプションのひとつは「バリューパッケージ」で、バイキセノンヘッドランプ+LEDランプ/アクティブパーキングアシスト/iPodなどに対応するメディアインターフェイスなどで構成し20万円のセットオプション。もうひとつはメモリー付き電動パワーシートをメインとしたインテリアのセットオプションで「ナイトパッケージ」(16万円)がお勧めです。

アナザー・チョイス

フォルクスワーゲンゴルフ

フォルクスワーゲンゴルフ

こう述べてくると、このセグメントの強力なライバルの存在が気になりますね。新型メルセデス・ベンツAクラスの最大のライバルは、新型フォルクスワーゲン(VW)のゴルフです。ゴルフは今年(2013年)5月に7代目にスイッチしたばかりですが、新型メルセデス・ベンツAクラスは、このVWゴルフと真っ向からぶつかるモデルとなったのです。

 

また、新型ゴルフとプラットフォームを共用し、まもなく登場する新型アウディA3も気になるモデルですし、唯一FR方式のBMW1シリーズは運転して楽しいクルマです。スウェーデンのボルボV40も人気が高いモデルです。Cセグメントと呼ばれる欧州プレミアム・コンパクトのレベルは、どのブランドを選んでも非常に高いと思います。

BMW1シリーズ

BMW1シリーズ

このなかで、FR方式を唯一採用するBMWは、スポーツドライビングが楽しめるモデルとして人気があります。BMW全車に共通するフロントにエンジンを搭載し、後輪を駆動するレイアウトによって前後約50:50の理想的な重量配分が得られ、トラクション性能と卓越したハンドリングが得られています。ステアリング操作に対してダイレクトに反応し、思いのままのコーナリングが愉しめるのです。
マークXというFRセダンからの乗り換えで、BMWがもっとも違和感がない選択肢かもしれません。

 

質問者は欧州車の耐久性を疑問視されているようです。確かに乗りっぱなしでメンテナンスせずとも壊れない国産車並みというわけにはいきません。が、現状のような乗り方・走行距離なら、6?7年ならば問題ないでしょう。

 

<<車乗り換えコンシェルジュ一覧



中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。