初心者も運転しやすいミニバンは?

初心者も運転しやすいミニバンは?

質問者の現在のクルマ

乗っている車
予算
平均走行距離
2006年式・トヨタ・エスティマ・G 4WD 210万円 1.3万km/年

>>車を40万円安く購入するには?

主な用途

旅行、買い物、送迎

神奈川県在住。家族4人。ドライバーはご主人と大学生の子供(初心者ドライバー)の2人。
車で出かける機会が多く、車への依存度は高め

希望(こだわりポイント)

  1. 居住性
    →遠出が多いので居住性が高い車
    →3列シートもしくは同程度の居住性
  2. 運転がしやすい
    →初心者ドライバーも運転するので
  3. 燃費
    →車にかける維持費を下げたい
    →燃料代を気にしながら走りたくない
現在の悩み

今乗っている車が古くなってきたのと、初心者ドライバー(子供)が運転するのに大きいと思い買い替えを検討中。

 

旅行など車での遠出が多いので居住性を再優先。しかし初心者ドライバーも運転するので大きすぎるワンボックスはNG。

 

今のところの候補はホンダ・フリード。フリード以外で上の条件に当てはまる車を教えて欲しい。

 

車選びコンシェルジュの回答【初心者も運転しやすいミニバンは?】

ホンダ・フリードがベストな選択だと思います。ホンダ車の中でも人気の車ですね。とにかくコンパクトなボディ(全長×全幅×全高5215×1695×1715mm)なのに、室内には大人の乗車でも問題の無い3列シート(6人乗り/7人乗りの2種類を用意)が絶妙にレイアウトされています。予算が210万円ということで、残念ながらハイブリッドカー(214.9万円)には手が届きませんが、ガソリン車のフリードGジャストセレクションなら190万円(7人乗り193.15万円)。予算内で必要なオプションの選択も可能になってきます。
ガソリン車の搭載エンジンは1.5リッター4気筒i-VTECエンジンで、出力/トルクは118ps/14.7kg.m。1320?1330kgの車重にもかかわらず、JC08モードで16km/リッターを達成。ハイブリッドの21.6km/リッターには及ばないものの十分な好燃費といえるでしょう。

完全も快適も両方標準装備

充実した装備もフリードの人気の秘密。安全装備も両席エアバッグやEBD(電子制御制動力配分システム)付きABSなどのスタンダードなシステムだけでなく、ABSとTCS(トラクション・コントロール・システム)を統合制御するVSA(ヴィークル・スタビリティ・アシスト:横滑り防止装置)や坂道発進で逆行を防ぐヒルスタート・アシストなども全車に標準装備となっています。
Gジャストセレクションなら快適装備も非常に充実しています。リア電動スライドドア(左側)、スライドドア・イージークローザー、スマートキーシステム、フルオートエアコン、イモビライザー&セキュリティ・アラーム、チルト&テレスコピック・ステアリングなど上級車種並みの装備が揃っています。

 

フリードで悩みどころは、6人乗り/7人乗りの選択です。セカンドシートの快適性と乗り心地を重視するなら6人乗りですが、荷室のアレンジを含めた多用途性は7人乗りに軍配が上がります。このあたりは、ご家族で相談して慎重に検討ください。価格の差も3万円(税別)と小さくありません。だた、カタログを詳細に見ると、この価格差の大部分はタイヤ&ホイールサイズの違いにありそうです。6人乗り仕様のタイヤは185/70R14サイズですが、7人乗り仕様は185/65R15とひと回りホイールサイズがアップしています。
余裕のある予算なのでナビゲーション&オーディオを装着しましょう。できれば、メーカーオプションで装着を、車両と同じく3年保証となって便利です。

 

>>フリードの新車を40万円安く購入方法はこちら

アナザー・チョイス1

同じくホンダのストリームRSZ1.8L(199万円)はいかがでしょうか?フリードに比べて長く低いプロポーションで、一見すると3列シート車には見えません。ステーションワゴン・ライクなストリームのボディサイズは全長×全幅×全高4570×1695×1545mm、車重1390kg。搭載エンジンは1.8リッター4気筒i-VTECエンジンで、出力/トルクは140ps/17.7kg.m。フリードに比べてパワフルなユニットが積まれています。組み合わせるトランスミッションは5速オートマティックで、7速のマニュアルモード・パドルシフトが備わり、スポーティな運転が楽しめます。スポーティなパワートレーンに対応してタイヤは17インチの205/55R17サイズを装着しています。JC08モード燃費は13.2km/リッターとなっています。
運転席&助手席エアバッグ、EBD付きABS、統合制御型VSA(ヴィークル・スタビリティ・アシスト)などの安全装備は全車に標準。快適装備に不足はありません。また、ストリームのメリットは、全高がパワーパーキングの規制値1550mm未満で、都心部に多い立体駐車場に入れられることです。

アナザー・チョイス2

マツダ・プレマシー20Cスカイアクティブ(195.3万円)です。マツダの環境性能技術「スカイアクティブ・テクノロジー」を搭載したミニバンです。ボディのプロポーションとサイズはストリームに似ていますがやや大型化です。寸法・重量は、全長×全幅×全高4585×1750×1615mm、車重1490kg。搭載するパワーユニットは2リッター4気筒スカイアクティブGで、151ps/19.4kg.mのパワー/トルクを発生。パドルシフト付き6速オートマティックと組み合わせて力強い走りを提供してくれます。しかもスカイアクティブ・テクノロジーが奏功し、JC08モード燃費は16.2km/リッターと、3車種のなかでもっとも良い燃費となっています。
安全装備はフリード/ストリームとほぼ同じ内容で、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール:横滑り防止装)も標準装備されています。ユニークなのはシートレイアウトで、アレンジ次第でセンターウォークスルーが可能な2+2+2の6人乗りと、2+3+2の7人乗りに変化させられるカラクリ7thシートが備わっていることです。これはなかなか秀逸な出来映えで、ディーラーで確認することをお勧めします。

 

<<車乗り換えコンシェルジュ一覧



中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。