【150万円未満】サーフボードの車内積載に最適な車は?

【150万円未満】サーフボードの車内積載に最適な車は?

質問者の現在のクルマ

乗っている車
予算
平均走行距離
なし 150万円 0.4万km/年

>>車を40万円安く購入するには?

主な用途

サーフィンに出かけるのに使用

神奈川県在住。オーナーは20代前半男性。同乗は多くて2人だがサーフボードを積載する。海までの道のりは往復で15km程度。

希望(こだわりポイント)

  1. サーフボードの積載が可能
  2. なるべく安い車
    →サーフボードが載って安い車なら何でも良い
現在の悩み

サーフボードを積載できる車が欲しい。普段は車を使うことはほぼ無く、サーフィンのために車を購入しようとしているが、お金にあまり余裕がない。値段の低い車のなかで、サーフボードも積めるような大きい車はどれか?

車選びコンシェルジュの回答【サーフボード積載に最適な車

トヨタ・プロボックス・バンはいかがでしょうか。
基本的に仕事する“働くクルマ”ですので荷室の使い勝手はいいです。プロの仕事グルマを、遊びでガンガン使い倒す。これ悪くない選択だと思いませんか。

商用車が故に、積載能力は抜群

1.3リッターFFモデルは109.8?127.6万円、1.5リッターFFなら121.8?139.9万円です。ボディサイズは全長×全幅×全高4195×1690×1525mm、車重1030kg(5MT車/4AT車は1040kg)です。
1.3リッターエンジンの出力/トルクは87ps/12.3kg.m、1.5リッターエンジンは109ps/14.4kg.mです。最大積載量は400kgなのでトランスミッションのギア比は低く比較的強力なエンジンとの組み合わせは、空荷だと速すぎるかもしれません。

 

リアシートは薄っぺらなシートクッションの“座席が付いているだけ”の状態ですが、運転席/助手席はプロの仕事場ですのでしっかりした仕立てとなっています。カタログでも「長時間の運転でも疲れない高機能シート」としていて、運転席にはシートリフターが備わっていますし、パワーステアリングにはチルト機構も備わっているので、適切なドライビングポジションを取ることができます。
これらはエアコン/EBD(電子制動力配分制御装置)付きABS/ブレーキアシスト/運転席&助手席エアバッグなどと共に全車に標準装備です。

トランクの広さはサーフィンに最適

また、荷室を広く設計するためにさまざまな工夫が盛り込まれ、リアサスペンションも荷室への張り出しを最小限に抑えた4リンク式を採用、タフな使用に対応しています。
荷室寸法はリアシートを畳んだ状態で最大長が1810mm、幅1420mm、高さ935mm。サーフボードのサイズにもよりますが、そのまま放り込んで運べそうですね。斜めに積載すれば2m超のボードも載ると思います。
このプロボックスは4ナンバー登録車ですので、5ナンバー車に比べて税金が安く済みます。自動車税は積載量1t未満の貨客車は年額1.43万円(1.5リッター5ナンバー車は3.45万円)です。ただし、車検は新車時2年、以後毎年です。が、費用は乗用車の約半分です。

 

>>トヨタ・プロボックスバンを40万円安く購入方法はこちら

アナザー・チョイス 1

プロボックスのコストパフォーマンスに匹敵して十分な荷室があるクルマは、軽自動車のダイハツ・ハイゼット・カーゴです。
これはもともとが商用車なので、荷室は抜群に広い。荷室フロア長は1950mm、幅は1375mm。価格は91?126.5万円で、上級モデルならターボ付きです。

 

ボディサイズは全長×全幅×全高3395×1475×1765?1890mm、車重880?980kgです。特筆すべきはホイールベース2450mmと軽自動車最長で、安定した走りと乗り心地に貢献するとともに、室内の広さ実現に役立っています。

 

搭載するエンジンはNAの3気筒エンジンのパワー&トルクは50?53ps/6.5kg.m。ターボエンジンは64ps/10.5kg.mとなっています。JC08モード燃費(MT車)はNAモデルが16.2km/リッター、ターボ車が16.4km/リッターとトルクに余裕があるターボモデルの方が好燃費となっています。
インテリア・レイアウトもオートマティックモデル、マニュアルシフトモデルともにインパネシフトとなり、運転席・助手席間のウォークスルーが可能で便利です。また、グレード「クルーズ」「クルーズターボ」なら後席の快適性も抜群で150万円超の軽トールワゴンよりも広くて快適かも知れません。
「クルーズ」(109.0万円/2WD・MT車、115.0万円/2WD・AT車)、「クルーズターボ」(118.5万円/2WD・MT車、126.5万円/2WD・AT車)なら装備も非常に充実しています。電動格納式ミラー、リア5面のスモークガラス、ファブリックシート、分割可倒式リアシート、運転性&助手席エアバッグ、EBD(電子制御制動力配分装置)付きABS(ほかのグレードにはオプション設定)、パワーウィンドウ(フロント/リア)、キーレスエントリー、CDプレーヤー付きオーディオと普段使いのはまったく不足はありません。

 

アップライトな運転席は遠くまで見通せるので運転のしやすさにも繋がり、渋滞路などでも前方が見やすい安心感は代えがたいものがあります。

アナザー・チョイス 2

軽商用車としてダイハツ・ハイゼットの真っ向からぶつかる「スズキ・エブリイ」です。

 

荷室の長さは1860mm、幅が1360mmとハイゼットにやや劣るものの、裏技があって「助手席を前倒しして」最大2580mmの長尺荷物が積めます。リアシートが分割可倒式の「JOIN」(103.95万円/2WD・MT車、113.085万円/2WD・AT車)、「JOINターボ」(116.34万円/2WD・MT車、125.79万円/2WD・AT車)を選べば、助手席側に長いサーフボードを積載、もう1名の乗員は右後席に乗車することが可能です。

 

いずれも「働くクルマ」達ですが、それ故“モノを積載する”ことにかけてはプロのクルマ達。使えないはずはありません。

 

<<車乗り換えコンシェルジュ一覧



中古車購入はプロへ依頼

欲しい車を40万安く手に入れる方法
カローラを40万円、エスティマを50万円安く購入した方法を紹介しています。車を購入する際に何十万円も安くなる可能性がありますので、チェックしてみてください!
人気車(プリウスα)の値引き
【質問】プリウスαの購入を検討しています。購入の際のディーラーとの交渉のポイントや交渉時期、ライバル車の情報などを教えてください。
中古車購入ガイド
読まないと損をする!?中古車を購入する前に!車種選定〜駐車場契約、ディーラー決め〜納車や中古車購入に必要な書類、本体価格と購入価格の違いなど。